ニュース・トピックス

FOCUS ON CINEMA⑮【神の眼の下(もと)に〈韓国/カンボジア〉Q&A】

プロデューサー:キム・ヒョヌ
男優:オ・グァンノク


 

遠藤周作の小説「沈黙」にインスピレーションを得たイ・ジャンホ監督の作品

(左より)オ・グァンノフ、キム・ヒョヌ



韓国リアリズム映画の巨匠、イ・ジャンホ監督が19年ぶりにメガホンをとった注目作。敬虔なクリスチャンである監督が、遠藤周作の小説「沈黙」にインスピレーションを得て製作した作品で、宗教か命かという選択を迫られる難しいテーマに観客の質問も熱を帯びたものになりました。

 

Q:基本的な知識という範ちゅうでの質問ですが、キリスト教とイスラム教の神は元々同じだったはずですよね。しかし対立の激しい様子を見て、お互いにそういった認識はないんだなあと思いました。ロケ地であるカンボジアのスタッフはどう受け止めていたんですか?

プロデューサー:宗教的な話をすると長くなりますので、個人的な話をします。旧約聖書に書かれていることは同じでも、解釈の仕方の違いでそれぞれの宗教があると思いますが、どちらの宗教も唯一神を崇めるところは同じです。その点で衝突も多いんだと思います。宗教色が強い映画を製作するにあたり、いろいろ準備を行いましたが、最初ロケ地はインドネシアの予定でした。しかし事前調査に行ったところ、現地ではイスラム教徒が多く、撮影は危ないと感じ、カンボジアになったんです。

男優:映画をご覧になるのも苦労されたと思います。私は宗教を持たない人間なので、2つの宗教を中立的な立場で捉えることができました。作品をつくる俳優としても、現代を生きる人間としても、自分の正義と信念について考えながら役作りに臨みました。

 

Q:宗教を持っているがゆえに魂が救われるところを、逆に苦悩しているように感じました。主人公が最終的な道を選んだ理由は何でしょうか?

男優:この映画のスタッフの半分がクリスチャンで、半分がそうでない人たちです。映画製作において、宗教観はとてもデリケートな問題なので気をつけながら映画をつくりあげていきました。私が演じた宣教師・ヨアンは12年前、医療奉仕の為、東南アジアのある村を訪れますが、命乞いの為に宗教を捨ててしまいます。その後、自分の信念とアイデンティティーが混乱し、韓国にも戻らず、家族にも会わなくなってしまいました。しかし、今回の事件を経て彼は大きく変わっていきます。そして彼は自分の魂を自由にしたいという思いで一つの道を選ぶのです。最初シナリオを見た時、これは別に宗教がどうこうではなく、自分の信念と葛藤しながら生きていく現代の人々の姿だと思いました。

 

Q:宣教団のメンバーには若い方も多いですね。街中で事件のニュースが大型スクリーンで流れる場面がありますが、若者たちが気にしていない感じに見えました。実際、韓国での若者の信仰心の格差はありますか?

プロデューサー:実は、韓国は仏教の国なんですよ。でもいろんな宗教を信じている人がたくさんいます。物語の宣教団のように新しい考えを持ったキリスト教の一派もいます。宗教は信じる人も信じない人もいます。ニュースのシーンはCG合成なので、若者たちがあの事件を見ているわけではないんですよ。おかげで街がパニックにならなくてよかったですけど…(笑)。映画づくりはお金がかかるんです(笑)。

衝撃的なラストシーンを迎えた後、圧倒的な演技力で魅せたオ・グァンノクさんが会場ににこやかに登場すると、会場からは安堵したかのようなため息がもれました。また映画のエンドロールに「パク・ヨンシクに捧ぐ」という文言が出てきますが、こちらは長老役で出演した俳優が、撮影の1カ月後にロケ地でかかった病気で亡くなったということからだそうで、この映画に関わった人たちにとって忘れられない作品となったようです。

Posted on

FOCUS ON CINEMA⑬【慶州〈韓国〉ディレクター懇談】

監督 チャン・リュル
プロデューサー キム・ドンヒョン


チャン・リュル監督の実体験から着想した物語

 

チャン・リュル



アジアフォーカス・福岡国際映画祭ではおなじみのチャン・リュル監督。「昨夜も屋台で飲んだんですか?」「もちろん!」という会話から始まった懇談は、監督が口を開くたびに陽気な笑いに包まれます。監督とプライベートでも親交がある梁木ディレクターも「監督の映画は説明が少ない分、観る側に解釈を委ねるところがいいですよね。でも、いつも話をはぐらかされる(笑)」。

中国に住む監督が初めて韓国を訪れたのは1995年。その時、慶州のお茶屋に立ち寄ったといいます。「数年後、知り合いの葬儀で韓国に来た時、衝動的に慶州へ向かったんです。この映画はそんな私の実体験から着想しました。私の時は美しい店主はいなかったんですけど、この映画で叶いました(笑)」。

これまでの監督の映画と違って、和やかなタッチで描かれる本作。これまでは映画音楽を使いませんでしたが、「あたたかい愛にあふれた映画です。愛を描くには音楽が一番だと思い、採用しました」と監督。

キム・ドンヒョン



今回、主人公を演じた人気俳優、パク・ヘイルさんも監督の映画の大ファン。「福岡という街が大好きになりました、本当に来て良かった」と初来福の印象を屋台で飲みながら語り合ったそうです。「パクさんと福岡の屋台を舞台にした映画を撮ろうと盛り上がりました。屋台の主人がパクさん、シン・ミナさんも登場させようか!」と監督が言えば、プロデューサーのキムさんも「監督がお望みであればいつでも準備していますよ」と茶目っ気たっぷり。梁木ディレクターも「来年は当映画祭25周年の記念の年。ぜひ全面的にバックアップしたい! 希望がわいてきたなあ」と目を輝かせていました。

冗談とも本気ともつかない愉快な話でそこにいる人を引きつけ、映画製作へと巻き込んでいく監督。「私は詐欺師みたいなもの」と大笑いしながら、いつか大好きな柳川の水辺でも撮ってみたいなあと夢を語ってくれました。

Posted on

FOCUS ON CINEMA⑪【慶州〈韓国〉Q&A】

 

監督:チャン・リュル
俳優:パク・ヘイル
プロデューサー:キム・ドンヒョン

(司会:梁木靖弘)

 

チャン・リュル



Q(司会):監督の作品は、説明が少ない分、いろんな要素が入っていて本作に登場するお茶のように何回でも美味しいという気がします。この作品は生と死の間のたゆたい、メディテーションといいますか、生と死のバランスがとてもいいと解釈したのですが、監督、いかがですか?
監督:私は、たいした考えはあまり持っていないんです(会場笑)。

 

Q(司会):はぐらかされましたね(笑)。じゃあ、主人公のパクさんに聞きましょう。カラオケの場面でされた独特の動き。あの演技指導はどういうものだったのですか(会場笑)。

パク・ヘイル



俳優:監督自ら、動いてみせてくれたんですが、とても真似できないような動作だったんです(会場笑)。でも頑張って撮りました(会場笑)。あの動きは、監督にしかできません。

監督:私がそのポーズをとったら、会場から皆さん出ていくと思いますよ(会場笑)。

 

Q(司会):パクさん、監督の演技指導は、どんな感じなんですか?

俳優:撮る前に指示をするという監督ではありません。ただ撮影の3〜4時間前に散策する時や、監督が好きなビビンバを召し上がる時なんかに、俳優のコンディションに合わせて話をしてくださるんです。新鮮な体験でしたし、いい機会だったと思います。

Q:チャーミングな映画で大好きだったんですが、日本人が出てくるシーンを観ると、今までの登場の仕方とは違って、アジアの中心軸がさりげなくずらされているようにも感じたんですが。

監督:そこまでたいした考えはないんですけども(笑)。違う人たちが集まると居心地が悪い時もありますよね。そこでユーモラスな話をして雰囲気を和らげるというのは良い方法だと思うし、日常にもっと増えればいいと思っています。映画の中では、納豆に助けられました(会場笑)。

 

Q:前知識なく鑑賞させていだきましたが、とても楽しめました。映像的には様式をしっかり見せながら感情をコントロールしているように見せて、結局、感情があふれる部分が出てきているように思いました。なぜこんな世界観を撮られたのか、監督の原体験などありましたら教えてください。

監督:自分の世界観というのは、未だにわからないんですよね。探し続けている途中だと思います。1995年から韓国と行き来するようになって20年ほど経ちます。初めて韓国を訪れた時、慶州のお茶屋さんを訪問したことがあります。その7年後、知り合いが亡くなって韓国に来た際も、衝動的に慶州に行ってみた、それが映画の着想になっています。私の時は美しい店主はいなかったんですけど、今回の映画ではそれを叶えることができました(笑)。

 

Q:パク・ヘイルさんを主役にしたのはどんな理由ですか。

監督:ご存知のように、とても素晴しい俳優さんです。最初、承諾してもらえるかわからない状況でした。ギャラもたくさんあげられませんでしたが、その代わり、二人でお酒をたくさん飲みました(会場笑)。酔ってるうちに承諾してくれたのかも。

俳優:もちろんお酒もたくさん飲みましたけれども、以前からとてもいい映画を撮る監督だなと尊敬していました。監督のことをもっと知るきっかけになるんじゃないかなと思い、承諾しました。監督はシナリオどおりに撮るよりは、現場の状況を見ながら進めていくタイプ。その変化しながら撮影していくことを楽しみながら関わることができました。

 

キム・ドンヒョン



Q:プロデューサ−として、どういう作品に監督が仕上げるかわからないなか、企画を通すのは大変だったのでは?(会場笑)

プロデューサー:ああっ!(会場笑) 監督の名声と、これまで撮られた芸術的な作品を観て、一緒に仕事をしたいなと思ったんです。もちろん悩んだ時もありました。でもお酒を飲んでから契約をしました(笑)。正直に言いますと、素晴しい監督と素晴しい俳優が集まって意気投合して作った作品なので制作側としても愉しく有意義な作品になりました。

 

Q:これまで監督の映画をアジアファオーカスで何本か観てきたんですが、いつも社会的な問題などを扱ってこられました。今回は少し雰囲気が違うと感じたんですが。

監督:確かに、以前の作品とはひと味違うと思います。その原因というのは歳月です。50歳過ぎたら鋭いところが抜けてくるというか、今はもっと多様な映画を撮っていきたいです。昨夜、福岡の屋台でお酒を飲みながら、パクさんが屋台の店主という主人公役で映画を作ったらいいんじゃないかという話をしました。お酒のついでに、「やる?」と言ったら、やりたいという話になりました(会場笑)。梁木さん、助けてください。

司会:全面的にバックアップさせていただきますよ。

プロデューサー:今、契約書を書きました。

司会:本気ですよ!

監督:私も冗談ではありません!

 

Q:あの劇中に出てくる大学の先生、あの人は何者なんですか?

監督:ああいう方々は、どこの国でもたくさんおられるでしょう。実を言うと私も酔ったらあんな感じです。あの方は、エンディングソングを歌ったり絵を描いたりする素晴しい芸術家なんです。お酒飲みながら説得しました(笑)。

 

Q:とても愉しく見せていただきました。古墳のラインがものすごくエロティックでどぎまぎしました。それと、写真を撮るという行為が効果的に使ってあったと思いました。

A:私達クルーも撮影をしながら、古墳のラインを観ながら女性の美しさを一緒に語りました。どういう場所に行っても、結局、残るのは写真だけですけど、なかには消さないといけない写真もあると思います。もうひとつ、写真というのは、映画と切っても切れないものだからです。

Posted on

梁木ディレクターのここが見どころ!⑭ 【神の眼の下(もと)に〈韓国/カンボジア〉】

 
究極の状況の下での、
人間の苦悩と選択を描く人間ドラマ

80年代の韓国映画といえば、泥臭く、とことん過激なイ・ジャンホでした。その名を聞かなくなってから久しいのですが、なんと19年ぶりに長編を監督。これは見逃せません。東南アジアで宣教活動をする韓国人のカトリック信者9人。高揚した気分でイスラム過激派の人たちが支配する地域に足を踏み入れたと思ったら、一行は拉致されてしまう。命をとるか、宗教をとるか、究極の選択を迫られる宣教師たち、信者たち。さあ、どうする……?

信仰する人々の苦悩を、韓国リアリズム映画の巨匠イ・ジャンホ監督が繊細かつ大胆な心理描写で描きます。神のもとに人間は信じる心を持ち続けられるか。沸騰する人間ドラマです。ずいぶん昔に読んだ遠藤周作の小説「沈黙」を思い出しました。


【上映作品紹介はこちら
 

Posted on

梁木ディレクターのここが見どころ!⑧ 【慶州〈韓国〉】

 
古都・慶州を舞台に
チャン・リュル監督が描く不思議な旅

福岡では4作目となる、ひさしぶりのチャン・リュル作品。ゆったりとしたテンポは変わらず、鋭くシュールで巧まざるユーモアも健在なのですが、加えて脱俗の詩情が漂い、人生を眺望しているという感じがします。監督は朝鮮系中国人ですので、中国と韓国の間を越境し、さらに生と死の間を越境するという大人の映画です。

中国の大学で教鞭をとるチェ・ヒョンは、友人の葬儀のために、久しぶりに韓国に戻る。葬儀の後、友人との昔話の中で、ふと共に慶州を旅したときに見た茶屋の壁にあった春画を思い出す。チェ・ヒョンは、衝動的に慶州へと向うわけですが……。

日本でいうと奈良に当たるらしい慶州という古い土地が、現在と過去、生と死を交錯させるのに重要な役目を担っています。古墳の夜景をバックにしたシーンの深さと美しさは、特筆ものです。主演は人気男優、パク・ヘイル。



【上映作品紹介はこちら
 

Posted on

くまもとシティ・フィルムオフィス映画祭開催おめでとうございます!

2年前、熊本市様から
「福岡観客賞授賞式で『熊本市賞』を顕彰したい」とのお申し出があり、
私ども福岡国際映画祭と熊本市様との関係が始まりました。

これまで、熊本市賞は

  • 2012年は「ダンシング・クイーン/Dancing Queen」(イ・ソクン監督)
  • 2013年は 「結界の男/Man on the Edge」(チョ・ジンギュ監督)
と2年連続して韓国作品に贈られてきました。

今回、その2作品と、熊本出身の行定勲監督の「カモメ」を加えて、
くまもとシティ・フィルムオフィス映画祭」が開催されるという素晴らしいニュースが届きました。
福岡から心より祝意を表したいと思います。

日時   平成26年3月15日(土)10時から
場所   Denkikan(熊本市中央区新市街)
主催   熊本市(くまもとシティ・フィルムオフィス)
内容   上映会&トークショー
(1)「結界の男」
(2)「カモメ」 行定勲監督スペシャル・トークショー
(3)「ダンシング・クイーン」

※観客募集は締め切られています



 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted on

日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクトは第3弾「カップルズ 恋のから騒ぎ」に突入中!

アジアの映画を愛する皆さま、
福岡市が主催する日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクトも3作品目に突入しています。
トリを飾るのは『カップルズ 恋のから騒ぎ』。
この作品、内田けんじ監督の『運命じゃない人』のリメイク作なんです。
内田けんじファンの皆さまにもぜひ見ていただきたい!

T・ジョイ博多にて3月14日(金)までの期間限定上映中です!
※上映スケジュールはT・ジョイ博多(092-413-5333)までお問い合わせください。

映画『カップルズ 恋のから騒ぎ』
http://www.t-joy.net/cinemaex/about.html
○監督:チョン・ヨンギ
○脚本:チョン・ヨンギ、イ・ゲビョク
○制作:ナム・クォンウ
○出演:キム・ジュヒョク、イ・シヨン、イ・ユンジ、オ・ジョンセ、コン・ヒョンジンほか
○作品概要:
メール一本だけを残して急に消えてしまった彼女を探すユソク。元彼に貰ったニセダイアモンドのせいで憂鬱なエヨン。友の元彼女に惚れてしまったポンナム。事情あって色んな男を渡り行くナリ。そして、一人の女にすべてをかけるビョンチャン。ユソクとナリの別れから始まる物語はビョンチャン、エヨン、ポンナムを加えて一歩も予想出来ない展開なってゆく。全く交差点を持たない5人が偶然と必然の渦巻きを貫いて出会い、別れ、そして、また恋をする。

 

 

Posted on

韓国映画割引情報!日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクト 第2弾「恋愛の技術」

人気俳優ソ・ジソク主演の大ヒットラブコメ「恋愛の技術」登場!
イケメン俳優と新世代セクシー女優の夢の競演が実現した!
今回はなんと、この期待の韓国映画を、福岡市 日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクト第2弾として上映します。
なお、この映画の特別割引情報を下記フェイスブックページに掲載!
https://www.facebook.com/asiafocusfukuoka/posts/587840061298242?notif_t=like
ついでに「いいね!」もお願いします!

上映日程
【日時】2014年2月28日(金)まで期間限定上映中
※上映スケジュールはTジョイ・博多(092-413-5333)までお問い合わせください。
【会場】Tジョイ・博多
【主催】福岡市役所

映画『恋愛の技術』
○制作・監督:イ・スソン
○脚本:チェ・ヨンウン
○出演:ソ・ジソクほか
○作品概要:運命の相手を待っているスジンと男が消費品だと信じるジヨン。会社同僚であり強い友情を誇る二人は、化粧品ショップの景品抽選会で大当たりを出してフィリピン旅行に!宿泊先のホテルで出会った男たちを運命の相手だと信じた2人は見事に男たちに騙され、一文無しなってしまう。そこで偶然出会ったテフンに助けられ、人目惚れするスジンだが、恋愛のプロジヨンの目にテフンはただ外国で働く貧乏人でしか見えなかった。
しかし、テフンの会社を訪れ、彼が世界規模のドライマンゴー販売会社の社長だと知った途端、ジヨンの作戦は始まる!

【映画『恋愛の技術』公式サイト】http://www.t-joy.net/cinemaex/about.html

Posted on

「結界の男」が福岡に帰ってくる! 日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクトのお知らせ

アジアフォーカス2013で観客投票第二位にあたる熊本市賞を獲得したあの「結界の男」(2013年/韓国)がまた福岡に帰ってきます!

韓国で390万人を超える観客動員を誇り、アジアフォーカスファンのハートもがっちり掴んだこの作品。
さすがパクシニャン!
おかえりなさい、結界の男!

~すこしだけお堅いはなし~
今回、どうしてこんなことができるかといいますと、福岡市と釜山広域市が協力して「日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクト」を行っているからです。
このプロジェクトは、福岡市と、海峡をはさんだ隣人でもあり姉妹都市でもある釜山広域市が、映像コンテンツ産業の推進を目的として昨年から始めた映画交流事業であり、福岡市で日本未公開の韓国映画を上映しています。また同様に、釜山広域市においても「映画の殿堂」で日本映画を上映しています。
主催:福岡市経済観光文化局国際経済課

日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクトはこの後3月までに第二弾、第三弾と続く予定です。
ここでも随時紹介していきますのでお楽しみにお待ちください!

 

Posted on

2013年福岡観客賞授賞式が行われました!

「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013観客賞」は香港映画「狂舞派」に決定!!

 


今回で23回目となる「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013」。11日間の期間中、ハイライトを迎えた9月18日、「福岡観客賞」の発表と授賞式がキャナルシティ劇場で行われました。映画祭では、アジアの映画振興に寄与するために、観客の投票で決める「福岡観客賞」を2006年から実施し、アジアの優れた監督に対して顕彰を行っています。本年度の対象作品は正式招待作品全22作品です。
9月14日から16日までの間、観客に映画鑑賞後、5段階評価で投票してもらった結果、最も平均点の高い作品が「福岡観客賞」に。多くの映画ファンが結果発表を待ちわびる中、再び華やかにゲストたちが登場、ノミネート作品の紹介がスクリーンに映し出され、会場内の期待と緊張が高まってゆきます。まずは、昨年から設けられた「熊本市賞」の発表から。熊本市賞は昨年4月に九州で3番目の政令指定都市となった熊本市から、都市連携の一環として提供されるもので、アジアでも有数の映画祭となった本映画祭のさらなる発展に寄与するためにもうけられたもの。熊本市賞は、観客投票の第2位作品に授与されます。

「熊本市賞は…韓国映画の『結界の男』です!」。高らかに響き渡った熊本市シティプロモーション課課長・井本賢一氏の発表の一声に、会場中から拍手と歓声が沸き起こりました。チョ・ジンギュ監督には証書と副賞、トロフィーが贈られ、満面の笑みで記念撮影に応じていました。「結界の男」はやくざの幹部が突然巫女になってしまい、さまざまな問題を巻き起こしていく爆笑コメディー。映画ファンの間でも口コミで面白いと評判の作品で、納得の熊本市賞受賞でした。
 

そしていよいよ、観客賞の発表です。緊張感あふれる張りつめた空気の中、ドラムロールが会場に鳴り響きます…。そしてスポットライトが止まったのは、香港チームの場所!「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013観客賞は、『狂舞派』です!! おめでとうございます!!」。割れんばかりの拍手が鳴り響く中、登壇した監督のアダム・ウォン氏、主演俳優のベビージョン・チョイ氏、俳優のトミー・ガンズ・リー氏、プロデューサーのサヴィル・チャン氏。華々しく今年のオープニング上映会を飾った今作は、従来の王道香港映画には観られない、ヒップホップダンスをテーマにした明るくノリの良い青春物語。大スターは起用せず、香港の街で実際活躍しているダンサーをスカウト、映画製作のための資金繰りに4年かかったという、アダム・ウォン監督による苦心の一作でもあります。
「観客賞をいただけるなんて、全く期待していませんでした。私がこの映画をつくろうと決めた4年前、実際にダンスにかける若者たちを見て、かつてない情熱とロマンを感じ、ただ、良い映画をつくろうとだけ思っていたので、それが商業映画なみの成功を収めるとは本当に想像してもいなかったことです。なぜならば、香港映画ではダンスをテーマにした映画など今までつくられていませんでしたし、インデペンデント系の映画が商業的に成功することなど全く信じられていなかったからです。しかし、実際に香港では口コミで広がり、ちょっとしたブームにもなりました。そして、ここ福岡で観客賞をとるまでになったことをとても光栄に思います。これは我々チームが一丸となってとった賞です。私は日本映画にとても影響を受けているので、いつの日か日本の映画を日本人の俳優と一緒につくりたいと思っています」と感慨深げに語ったアダム・ウォン監督。実際に、香港では熱狂冷めやらず、パート2の製作がもう決まっているそう。
新藤会長から証書と副賞、梁木ディレクターからトロフィーが贈られ、記念撮影では元々プロのダンサーであり、今回俳優初挑戦となったトミー・ガンズ・リー氏が壇上でサービス・パフォーマンス。フラッシュの嵐の中、ゲストを含め会場から割れんばかりの拍手と温かな声援が送られました。

 

リラックスした雰囲気でゲスト同士が仲良く交流

観客賞授賞式の後には、会場横のホワイエにて「ゲスト交流会・祝賀会」が開催されました。映画祭が始まって6日、ゲストや映画祭関係者、ボランティアたちがやっと顔なじみになった頃の交流会。オープニングレセプションとは違って、とてもリラックスした雰囲気でみなさんが懇談を楽しみました。福岡観客賞を受賞した香港映画「狂舞派」のアダム・ウォン監督も、「映画祭などが成熟しているヨーロッパに比べ、アジアでの交流はまだまだと思っています。映画関係者が親しく交流できる場所はここ福岡だけ。この機会を大切にして、もっとアジア映画を盛り上げ、関係者同士交流を深めていけたらいいですね」グラス片手に語っていました。また、「レッド・カーペットや映画祭、上映会…私にとって全部初めての経験で賞までいただけたことに感激しています。一生で忘れられない経験となりました。福岡は、日本でこの映画を広めるチャンスを作ってくれた場所。日本でも口コミでぜひ、この映画の面白さを伝えてほしい」とベビージョン・チョイ氏も興奮を隠しきれない様子でした。

映画祭も残すところあと4日。注目の作品を含め、まだアジア映画に深く触れるチャンスはたくさんあります。交流会・祝賀会では、映画祭後半の盛り上がりにも期待できると確信したひとときとなり、時が経つのを忘れて懇談を楽しんでいました。

 

Posted on