ニュース・トピックス

【速報】福岡観客賞2013は「狂舞派」(香港)に決定!

本日、アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013の福岡観客賞、および熊本市賞が発表されました!

◎福岡観客賞:「狂舞派」(香港)
監督: アダム・ウォン


あらすじと解説(公式カタログより抜粋):

ヒップホップダンス、ストリートダンスに情熱を注ぐ天真爛漫な女の子の青春ど真ん中ストーリー。大学生になった女の子ファーは、父の豆腐屋を手伝う毎日から抜け出し、念願のヒップホップ・ダンスチームBombA に入る。チームの目標はライバルのRooftoppers を打ち負かすこと。持ち前の明るい性格とダンスの実力で、ファーはチームで欠かせぬ存在となり、Rooftoppersからも一目置かれるようになっていく。チームリーダーのデイヴに淡い恋心を抱くが、レベッカ(チームメイト)の嫉妬の眼で見られ、彼女から自分のダンスを否定されて、チームを離れてしまう。

傷心のファーは、リョンという男の勧誘に負け太極拳を始める。いやいやながら稽古を重ねるうちに、ファーは太極拳の奥深さを知り、のめり込んでいくと同時に、落ち着きのあるリョンの包容力に魅かれていく。

一方、ファーが去った後のBombA は、ダンス大会の前哨戦でRooftoppers に叩きのめされ、レベッカも離脱するという非常事態におちいる。大会まで時間が足りなくなり、切羽詰まったデイヴがファーに戻ってきてほしいと伝える。太極拳の静とヒップホップの動を融合させたダンスでファーのレベルは一段と上がっていた。しかし、通りかかったリョンとデイヴが小競り合いになり、巻き込まれたファーが足に怪我を負ってしまう。杖をついて大会に臨むファーとBombA。そしてショーが始まる……。

全編を通して圧倒的なダンスパフォーマンスが繰り広げられ、今の香港のクールさが凝縮されている。なにより、登場する若者たちが一途に、純粋にダンスを希求する様が清々しい。カンフー映画を思わせる展開にヒップホップの味付け。香港映画の新時代を感じさせる作品である。

 

監督プロフィール:アダム・ウォン

1975 年香港生まれ。香港中文大在学中に米国アイオワ大学に留学し短編映画の製作を始める。賞に輝く幾つかの短編映画を経て「When Beckham Met Owen」(2004年)で長編映画監督デビューを果す。短編「Friends」(2012年)は東日本大震災一周年に開催された大阪アジアン映画祭で上映される。「狂舞派」(2013) は監督の長編映画最新作。

 

 

◎熊本市賞(次点):「結界の男」(韓国)

監督:チョ・ジンキュ



あらすじと解説(公式カタログより抜粋)

舞台は釜山。やくざの幹部クァンホは、組織内の勢力争いで同僚のテジュと激しく対立していた。ある晩クァンホは、テジュが率いるグループに襲われ負傷する。3日間の昏睡から目覚めたクァンホは、この日を境に不可解な現象に見舞われるようになった。そこで厄払いのために巫女を訪ねた彼は、思いもよらない衝撃的な事実を聞かされる。クァンホの命は本来、テジュに襲われた時に尽きる運命であったこと、手のひらに傷を負ったために手相が変わり、死を免れたこと。巫女はさらに、彼もまた巫女として生きる運命であり、これを受け入れるよう告げた。

身の回りでは奇妙な出来事が続いている。どこからか現れ、彼につきまとい始めた謎の少女、人の言葉を話す動物たち。他人には見えないものが見え、聞こえない音が聞こえる。現実と向き合わざるを得ない状況のもと、彼は巫女になる決意を固める。

巫女とやくざ。異質な組み合わせの仕事を掛け持つ男の姿を、軽快なテンポで追ったコメディー作品だ。主人公が運命と向き合う過程で生じた葛藤も、実にコミカルに描かれている。韓国の巫女は、古来より予言や病気治療、祭祀儀礼などを司る職能者で、死者の霊と交信する者もいる。劇中の「豊漁祭」という祭りを執り行うのも、彼らの仕事とされる。また男性巫女が祭祀を行う場合には、女装や化粧を施す慣例がある。当然クァンホも例外ではない。クァンホ役の俳優パク・シニャンの派手なメイクや女装は必見で、この作品を印象づけるカギと言えよう。

やくざとして生きるか、それとも巫女として生きるか。その狭間でジレンマを感じながらも己の運命を受け入れ、力を尽くす彼の姿は、私たちをいつの間にか劇中へと誘い込む不思議なパワーを持つ。

 監督プロフィール:チョ・ジンキュ

1960 年生まれ。韓国大邱嶺南大学美術学部西洋学科を卒業した後、日本に留学し、早稲田大学大学院文学部映画専攻科を卒業。韓国ギャング映画ブーム時に大ヒットした「花嫁はギャングスター」(2001 年)で監督デビュー。その後も「Who’s Got the Tape」(2004 年)、「My Wife is a Gangster 3」等のギャング・コメディ映画を発表する。最新作は「結界の男」(2012 年)。

 

※福岡観客賞授賞式の模様は追って報告します!
 

Posted on

【FOCUS ON CINEMA】結界の男(韓国)Q&A

監督/プロデューサー チョ・ジンキュ

 

特殊な主人公、クァンホ役のパク・シニャンの演技に釘付けとなった観客。上映後、監督/プロデューサーのチョ・ジンキュ氏の登場に大きな拍手が送られ、会場からはたくさんの質問が寄せられました。

 

Q:アンニョンハセヨ!とても面白かったです、カムサハムニダ。最初にこの映画のタイトルを韓国語で聞いた時に何のことだかわからなかったので、日本語ではどう訳されるのかなととても愉しみにしていたら、結界というのもよく分からなかったのですが。タイトルについて何か逸話がありましたらお聞かせください。

A:僕も日本にきて、そのタイトルを聞いた時、何だろうかと思いました(笑)。配給会社にちょっとわかりにくいと言おうと思いますけど、原題はヤクザの霊媒師という意味。日本では占い師とか霊媒師は別々の仕事だと思いますが、韓国では合わせてやることもあります。

 

Q:とても内容盛りだくさんの映画で笑わせていただきました。今回のように霊媒師をテーマに映画を作られたきっかけや意図がありましたらお聞かせください。

A:インターネットの新聞記事で実際にあったことで、面白い話ができるのではと作りました。登場人物はフィクションですが、もし私がこういう状況になったらどうするか、本当に答えが出ないです。霊媒師のような人生を送ることはできませんが、生きるということへのあたたかいメッセージを伝えたいと思いました。人を救うようなものを映画にしてみたかったんです。

 

Q:お目にかかれて光栄です。私は主人公のパク・シニャンさんの大ファンで、この映画の演技にも感動したのですが、今回一緒に撮影されて何かエピソードがありましたら教えてください。

A:彼が苦労したのは、やっぱり化粧です。負担も大きかったようですが、嘘ついて説得してキレイにしました(笑)。彼の演技は素晴しくて特別なキャラクターなのに彼は応じてくれて本当にありがたいと思います。何でも一生懸命やる方なので、だいぶん前からその仕事の現場に行くんですね。そして、いろんな準備をしてくる。やっぱり素晴しい俳優です。キャスティングした理由は、この役に似合う男性はどんな人と考えると、神秘的で容易に近寄れないような感じでジェントルなイメージもあったので彼しかいないと。前にヤクザ映画をやった経験もあったので、シナリオを書く時から決めていました。でも他のキャスティングには半年ほどかかりましたね。

 

Q:とても面白かったです、ありがとうございます。映画と関係ない話で恐縮ですが、監督は日本語がとてもお上手ですね。私も韓国語を4年ほど勉強していますが、日本語はどこでどのように学ばれたのですか?

A:20年も前に早稲田大学院の映画理論の勉強をしていましたのでそこで。その前にも一年程韓国で勉強してました。6年間勉強して、その時はすごく自分でも日本語上手だなと思ったんですが、韓国に戻って1年もしたら表現力がなくなってしまって。今は生活に必要な日常会話はできますが、まあ、何カ月か一生懸命勉強すればまたできるようになると思うので、時間ができればやろうと思っています。

 

Q:映画の中でお祭りが出てきて、主人公の霊媒師の方が階段を上っていく儀式がありましたが、あれはどういった意味があるのでしょうか。日本にはない風習で面白かったです。

A:韓国では昔からそんな祭りがあるんですね。船の安全祈願です。磨かれエッジのきいた刃物を使った儀式なので、普通の人にはできません。霊が降りていないといけない。ただ日本にはああいう風習はないと聞きましたので、伝わるか心配でした(笑)。

 

Q:私は今年の1月にソウルの試写会で拝見させていただきました。やっと日本語の字幕がついて細かい内容がわかって本当に嬉しかったです。今日お聞きしたいのは、スミンちゃん、ひよこちゃんがお部屋にブルースリーとキルビルのポスターがいっぱい貼ってあるんですが、監督ご自身がお好きなのでしょうか。

A:今回の映画では、この子どものキャラクターをどう面白く作るか、そのためのものだったのですが。キャラクターに無理があれば困りますので、それがどう伝わったかちょっと気にはなっています。ブルースリーやキルビルは、もちろん僕も好きなんですよね。昔はブルースリーのファンでキルビルのアクションも好きです。

 

Q:大変面白い映画でした。キーパーソンとなる霊媒師の師匠と会長の二人の言葉から、死ぬまでには役割分担があるということをテーマにされたと僕は感じました。昏睡状態の話がいくつかありましたが、自分自身も両親がそういうふうになった時、とても価値がある時間だと感じましたので。質問は、霊媒師の取材を実際にされたのか、また霊媒師の師匠の女性について教えてください。

A:僕自身は身近な人が昏睡状態になった経験はありませんが、想像することはできるんです。昏睡状態で体は動いていないのですけど、意識はあるんじゃないかと。いちばん心配だったことはもう死んでいるのか昏睡状態かということです。霊が見える時、まだ死んでないのになぜ?と観客が思ったらどうしようと。でも色々なお医者さんに聞いたところ、そういう例もあるというので自信を持ちました。観客からも一言もおかしいと言われませんでしたし、安心しました。霊媒師ともけっこうたくさん会いました、30人くらいですかね。もちろんフィクションもあります。エッジの上に上がって飛ぶ、それは映画用に作りました。
霊媒師の師匠の女性は、お母さんと呼ばれますね。その役をやる彼女は、お母さんといわれるのが嫌で最初はキャスティングを断られたんですが、何回も頼みました。演劇女優で映画には出ない方ですが、また頼みたいです。

 

たくさんの質疑応答が飛び交い、会場は韓国映画ファンの熱気につつまれました。

かつて日本で映画監督への道を夢みて留学していたチョ・ジンキュ監督は、当時、福岡の美しい自然と食文化に魅せられ何度も来福していたそうです。そんな福岡での映画祭で、各国の映画人や映画ファンとの交流をとても楽しんでいらっしゃる様子でした。

Posted on

梁木ディレクターのここが見どころ「未熟な犯罪者」(韓国)


家庭経済が崩壊し、路頭に迷い、犯罪に走ってしまう少年たち。そんな境遇にある少年たちの実情を描いた作品です。本作は、スタッフや俳優が実在の少年院に寝泊りし、収容者たちと同じ生活をすることで彼らの心理状態を理解し、また、撮影も実際の施設で行なわれたことで、リアリティーあふれる映像になっています。

保護観察中の16歳の少年が祖父を亡くし、天涯孤独になろうとする時に、死んだはずの母親が現れます。彼女は17歳の時に彼を産み、逃げたのだった。大人になりきれないふたりの生活は、またしても崩壊していくのでした。ああ、救いがない。でも、いい作品です。

本作品は、昨年の東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞。大人になれない少年の切なさを熱演した主演のソ・ヨンジュは、最優秀男優賞に輝きました。未熟な母親役を演じるイ・ジョンヒョンの愛らしさも注目されます。

作品情報はこちら↓

http://www.focus-on-asia.com/lineup/film13_20.html

Posted on

アジアフォーカス2010参加監督映画「眠れぬ夜」を3月16日よりT・ジョイ博多で公開開始

アジアフォーカス2010で話題となった「Eighteen ~旋風~」のチャン・ゴンジェ監督の新作が福岡で公開されます。

「パーフェクト ゲーム」が好評公開中の日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクト第3弾作品「眠れぬ夜」を3月16日よりT・ジョイ博多で公開開始します。
「眠れぬ夜」は、中全州国際映画祭の韓国長編映画部門グランプリと観客賞をダブル受賞したインディーズの秀作。
劇的な出来事でなく、日常的な些事の反復とズレを淡々と描くスタイルは格調高く、静かななかに抒情を湛えた演出に魅了される作品です。
監督のチャン・ゴンジェは韓国映画アカデミーで撮影を学んだ期待の若手です。
なかなか日本では観ることのできない、韓国インディーズ映画の良作をこの機会に是非ご覧ください。
「パーフェクト ゲーム」も3月22日まで上映してます。併せてどうぞ。

詳しくは下記をご覧ください。

http://www.t-joy.net/cinemaex/about.html

Posted on

日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクト第2作品目は「パーフェクトゲーム」に決定!


昨年12月に始動しました,「日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクト」については,平成24年12月8日(土)より,韓国国内で400万人を動員した大ヒット映画「ダンシング・クイーン」を第1作品目として上映し,盛況のうちに終了しました。
今回,日本未公開韓国映画の第2作品目「パーフェクトゲーム」の上映が決定しましたので,是非,ご鑑賞ください。なお,多くの方に韓国の人気映画を見ていただき,文化やビジネス交流につなげたいと考えておりますので,是非,広報もよろしくお願いいたします。
※「日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクト」とは
福岡市と,姉妹都市である韓国釜山広域市が,映像コンテンツ産業の推進を目的として企画した映画交流事業であり,福岡市では日本未公開の韓国映画を上映し,釜山広域市では,韓国未公開の日本映画を上映するものです。

1.
上映作品名 [第2弾作品] パーフェクトゲーム
2.
上映期間 2013年3月9日(土)から2週間
3.
上映場所 T・ジョイ博多
4.
主催 福岡市
5.
問い合わせ先
(ア) 日韓
シネマ・エクスチェンジプロジェクトに関すること
福岡市経済観光文化局国際経済課 石牟禮・原口
電話番号:092-711-4339(内線2521)
(イ) 映画
上映に関すること(料金・上映スケジュールなど)
㈱ティ・ジョイ エンタテインメント事業部 鄭(チョン)
電話番号:03-3248-8174

■ 上映作品「パーフェクトゲーム」

■ 概要

中日ドラゴンズのストッパーとして日本でも活躍した天才投手ソン・ドンヨル(宣銅烈)と韓国最高の投手と呼ばれたチェ・ドンウォン(崔東原)、韓国野球を代表する2人のライバルを描いたノンフィクション作品。
韓国プロ野球界の歴史上最高の名勝負と言われた15イニング・4時間56分、両者のプライドを賭けた熾烈な勝負をリアルに再現!そして、そこに隠された感動の物語。

Posted on

「ダンシング・クイーン」T・ジョイ博多で期間限定上映中!(日韓シネマエクスチェンジプロジェクト)

■□日韓シネマエクスチェンジ□■
福岡市と釜山市の姉妹都市による<日韓シネマエクスチェンジプロジェクト>、その記念すべき第1回作品として、2012年のアジアフォーカスオープニング野外上映でも好評をいただいた『ダンシング・クイーン』が選ばれました。
韓国で400万人動員の大ヒット、笑いあり、涙ありの感動作。
初めての方も、2回目、3回目の方も、ぜひぜひご覧ください!

12月8日(土)~2週間、T・ジョイ博多で限定公開中!

 

公式サイトはこちら
上映時間等詳しくは、T・ジョイ博多ホームページから
facebookのページはこちら
※facebookの画面を提示すると、料金1,000円でご覧いただけます! 

 

Posted on

【ボランティアレポ】9月16日エクスカーション

AM

激しい雨日和の中、笑顔で観光へ参加されたユン・ドンファン氏。
まずは、日本最大の木彫り座像「福岡大仏」のある東長寺へ。
大仏の台座の左手通路「地獄・極楽めぐり」に率先して進み、地獄の様子を描いた絵を自前のiPadで熱心に撮影。仏教思想などの知識が豊富な為、特に関心をしめしたのだろう。
その後、真暗な通路を通過すると極楽の絵に至るが、曲がりくねった真暗な道も楽しんでいた。極楽の出口にでるとパッと明るくなり、少しほっとした様子。


次にそして楽水園へ。
「茶の間」の事を映画「Kill Bill」を思い出すとユニークなコメント。茶の間で簡単なお茶指導の後、日本特有の正座のスタイルで(韓国では立て膝)和菓子と抹茶を堪能していた。
ユン氏はお茶を飲む姿も凛々しく、洗練されており、さりげない動作にも教養を感じる俳優だ。
あいにくの大雨だったが、反対に日本庭園の情緒が引き立ち、笑顔で傘を差して庭園を自ら回るなど、情緒ある博多観光をおおいに満喫した様子だった。

Posted on

【Focus on Cinema】ゲストインタビュー⑪

「ダンシング・クイーン」(韓国)
監督:イ・ソクン


映画の根底に流れるのは、家族の大切さ

オープニング上映会で福岡の観客を笑いの渦に巻き込んだ「ダンシング・クイーン」。明るくテンポの良いストーリー、観る人に元気を与えてくれるエネルギッシュな作品ですが、イ・ソクン監督自身は、物静かで小さな質問にも丁寧に、誠実に答えてくれる好感度あふれる青年そのもの。「作品とギャップがあるよね。今までの韓国映画の監督にはいなかったタイプ。失礼だけど、映画監督には見えない」との梁木ディレクターの言葉に、「実は、友達からのあだ名が〝公務員〟なんです」と監督。インタビュー会場がドッと沸きました。

映画好きな父親の影響で、中学時代から映画監督を目指していたイ・ソクン監督。ソウルにある映画・演劇専門の大学に通い、映画の道に入ったといいます。しかし、韓国の映画業界は人脈など従来のしがらみに縛られており、助監督の元で演出部としてスタート。演出部の仕事は厳しく、時には塾の講師などをしながら生活していた時期もあったそう。長い下積み時代、映画監督になるには韓国ではまだまだ遠い道のりと感じた監督は、書きためたシナリオを元に短編映画を製作。それが海外で受け「自力で映画監督になれる!」と決断。2006年に短編映画監督としてデビューしたという異色の経歴を明らかにしてくれました。今作では現代の韓国社会を風刺しながら、誰もが望む、夢の実現を描いています。「実際に、映画のように夢を叶えて生きている人は少ない。だからこそ映画の中でこそ希望を与えたかったんです」と監督。

また、今作で本当に描きたかったのは「家族の物語」だとも語ります。「社会が複雑になるほど、家族の存在が大切になってくる。映画を撮影しながら自分の人生と家族を振り返りました」とニッコリ。オープニングレセプションでは、奥さんと娘さんと仲睦まじい姿を見せてくれた監督。「どんなに忙しくても夜は家に帰るんですよ」という、イ・ソクン監督の等身大の想いが伝わってきたひとときでした。

Posted on

【ボランティアレポ】この映画を観ました!「INFINITE CONCERT SECOND INVASION EVOLUTION THE MOVIE 3D]

〈広報ボランティア A・I〉

『INFINITE CONCERT SECONDI NVASION EVOLUTION THE MOVIE 3D』
(舞台挨拶つきプレミア上映)

インフィニットの舞台挨拶つき世界初、世界最速の上映ということで、開演前から若い女性のお客さんがたくさん!

チケットは6分で売り切れたそうで、チケットを手に入れることができなかったお客様も劇場に沢山いて、なんと韓国から来られた方も!!!

上映後、舞台挨拶が始まる間もまだかまだかという空気が。そしてメンバー7人が登場したら割れんばかりの黄色い声援が!!!!!

メンバーの一人一人の挨拶で最後に挨拶をされたマンネ(一番年下)のソンジョンさんが「みんな好いとるばーい!」と言うとさらに「キャー!!!!」という声援が!

メンバーの皆さんも今日初めて上映を見たそうでホヤさんは「3Dでの上映はすごく楽しかった。また次のライブ(福岡では11月に開催)も頑張りたい」と話していました。

メンバーの皆さんが話す言葉一つ一つに反応し、涙を流しながら話を聞くお客さんも……。

最後にソンギュさんが「福岡に来ることができて本当に良かった。これからも素敵なコンサートを作っていきたいと思います。」と話し、最後まで笑顔でお客さんに手を振ってファンサービスをされている姿がとても印象的でした。

Posted on

【ボランティアレポ】この映画を観ました!「ダンシング・クイーン」

〈広報ボランティア A・I〉

『ダンシング・クイーン』

昨年韓国で大ヒットした映画ということもあり、天候の悪い日曜日の朝からの上映にもかかわらず、客席は多くのお客様で埋まりました。

映画の主人公は、どこか冴えない弁護士の夫と昔はイケイケ、クラブで大活躍していたときに夢だった歌手デビューのチャンスがあったにもかかわらず、夢を諦めた妻。そんな二人だったのだが、ある出来事がきっかけで夫はソウル市長選に出馬することになり、その一方一度諦めた歌手デビューのチャンスがようやく叶いそうになったにもかかわらず、夫に言えずに一人悩む妻……。

そんな二人とその周りの人達との間で起こる様々な出来事が笑えて、ホロリとくるストーリ。全体的に明るく誰でも楽しめる映画です。

劇中で韓国でとても人気のあったオーディション番組が大きなポイントとして出てきたり、現在韓国が社会で抱える問題もうまく描いていて、映画の中と現実とリンクしている点がとても面白い!妻役のオム・ジョンファさんが歌手としてのキャリアが長いこともあり、ダンスシーンも必見!

また、映画を観ていて主役のお二人の演技が本当の夫婦のようで「すごく息の揃った演技だなぁ」と思っていたのですが、来場されたイ・ソクン監督が「夫婦役の二人は元々親しい友人同士だったのということもあり、演技も楽にできるのではないかと考えて二人をキャスティングした」と仰っていたのを上映後に聞き、納得!

出てくる一人一人のキャラクターも際立っていて、その中でも釜山や全羅道地方の方言を使う人がいいポイントになっていてとても笑えたのですが、(韓国語を釜山にて勉強していた私としても、“トゥッビョルシ(特別市)”が発音しにくいことなど共感できる点も多く……)イ・ソクン監督によるとそれらも全て狙いだったようで……。まんまと監督の考えに見事ハマって、最初から最後まで楽しんでしまいました!

Posted on