アジア映画と文学

どんなにつらい時だって、若者たちは夢をみる!「小さな中国のお針子」

アジア映画と文学をを思う時、私はこのかわいくてキュンと切ないこの映画が浮かびました。2002年製作のフランスと中国の合作映画。

この映画の中国人監督ダイ・シージェが自分の体験をもとに現在住んでいるフランス語で書いた小説「バルザックと小さな中国のお針子」が」ベースです。

1971年、文化大革命真っ直中の中国で反革命分子の子として山奥の寒村で再教育を受けることになった2人。今まで慣れ親しんでいた文化的なかおりのするものはすべて排斥されとまどいながら、厳しい労働に耐えながらそれでも生きていく…

そんな生活の中に小さな光を見つけます。

若者は恋をするのですね…。村に唯一の仕立屋のお針子…。もう一つの光、密かに見つけた禁書となっている西欧の小説の数々…

その世界に引き込まれ、むさぼり読む二人は文字の読めない彼女に読み聞かせ、新しい世界を分けてあげたいと思います。彼女にとってもそれは自分の前を照らす小さな光でした。

二人の青年の彼女に対するやさしい思いは同じものだったのに、それぞれの性格の違いで違う方向にむかって行きます。

これが切ない…この切なさは、他になにもなく山々に囲まれてただただ自然だけが美しいこの場所とリンクされ胸に迫ってきました。

ハードな時代の中、彼らにとって屈辱的な青春であったとしてもそれに対して後ろ向きな感じがなく、まっすぐで小さな喜びや楽しみを見つけていく姿がほのぼのとかわいくてさわやかで…時代背景を忘れてしまいそう。

緑が美しい山村にお針子の赤いチャイナ服がとても印象的です。

小説が原作の映画は、見たり読んだりした順序によってどちらかが極端にイメージと違ったりする場合がありますが、この作品は脚本もダイ・シージェ自身が書いているので、映画を見ても、小説を見ても同じ感動が味わえると思います。

Posted on