ニュース・トピックス

2010年上映作品『サムソンとデリラ』が大阪で上映されます。

2010年のアジアフォーカス上映作品、『サムソンとデリラ』が8月21日に大阪府吹田市の国立民族学博物館で上映されます。オーストラリアのアボリジニの現代を描いた問題作。明日(7月9日)同博物館で上映される『裸足の1500マイル』に続き「映像で見るアボリジニ:1930年代と現代2」として上映されます。昨年のアジアフォーカスでも反響の大きかった作品です。大阪周辺にお住まいの方はこの機会に足をお運びいただけましたら幸いです。



『サムソンとデリラ』 ワーウィック・ソーンソン監督 (2009年/オーストラリア/101分)

中央オーストラリアの砂漠の隔絶したコミュニティーに住むサムソンとデリラ。しっかりもののデリラは祖母とともにアボリジニアートを描いて糊口をしのいでいる。一方不器用なサムソンはいらだちをどうぶつけていいかわからない。ある日彼らは故郷に背を向け旅にでるが、二人を待っていたのは次々と襲う悲劇、しかし…。

大阪民族学博物館 http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/movies1108.html

Posted on

観るたび心洗われる・・・「運動靴と赤い金魚」<映画祭上映時:天使のような子どもたち>

映画をよく観ている人からも「アジア映画って難しそう・・・」「何から観たらいいの?」って声を聞きます。
ハリウッドなどの映画と違って派手な演出があるわけでなければ、わかりやすい筋書きがあるわけでもない(と思う)アジア映画。時代背景やその国の文化、特有の問題(お国柄、というのでしょうか)など、押さえておかないと「?」となってしまうことが多そうで、ちょっと敷居が高く感じるんですよね。

僕もずっとそう思ってました。でもその分、すごい映画は本当に魅せると思うんです。
ここでは「これは!」と感じた作品をひとつ、紹介します。

「運動靴と赤い金魚」<映画祭上映時:天使のような子どもたち>(英題:Children of Heaven)!イランの映画です。
YouTube Preview Image

あらすじ
イランの貧しい家で暮らす少年アリは、妹ザーラの靴を修理してもらった帰りにその靴を失くしてしまう。新たに靴を買う金もない親に知れるのを恐れた彼は、失くしたことを親に告げぬようザーラに頼み、兄妹はアリの運動靴を2人で共有しなければならなくなった。朝はザーラが運動靴を履いて登校し、昼はアリがサンダルで学校の近くまで行き、下校途中のザーラと互いの靴を交換して学校へ行く毎日。そんなある日、ザーラは学校で自分の靴を履いた下級生を見つける。
wikipediaより引用)

美しい映像、優しい音楽、心に沁みわたるストーリー・・・と思わずベタ褒めになってしまうんですが、特にラストシーンは必見!お父さんの自転車の荷台に、ほら!

ストーリーを知ってるのに、何度観ても涙ぐんでしまう一作。心の洗濯に、いかがでしょうか。

 

 

Posted on

リリ・リザ監督「夢追いかけて」衛星テレビ〈アジアドラマティックTV★HD〉で上映!

昨年のアジアフォーカス・福岡国際映画祭2010でオープニング上映を飾った、インドネシアの映画監督、リリ・リザ監督作品「夢追いかけて」(英題「The Dreamer」)が、有料衛星テレビチャンネル〈アジアドラマティックTV★HD〉で上映されます。
上映日時は
6月11日(土)23:30
6月25日(土)25:45
7月23日(土)23:30
8月13日(土)24:45
となっております。(日時は変更になる可能性があります)
是非、ご覧下さい

どうやったら視聴できるかは、アジアドラマティックTV★HD(ソネットエンタテインメント)ホームページをご覧下さい

Posted on

マッド探偵(ディテクティブ)公開中らしい

2008年の映画祭で上映した。ジョニー・トー&ワイ・カーファイ監督作品マッド探偵(ディテクティブ)が劇場公開されています。


(情報が入っておらず、確認が遅れてすみません)


タイトルは「MAD探偵~7人の容疑者~」として、2/19から東京及び愛知で、ついで、大阪・神戸と巡回するようです


残念ながら、福岡には来ないようですが…


詳しくはこちらhttp://mad-tantei.com/index.html


Posted on

「扉のむこう」神戸で上映

2009年アジアフォーカス上映作品「扉のむこう」が神戸で上映されます。


ローレンス・スラッシュ監督が、「引きこもり」を日本の外の視点から描いた秀作です。是非、関西地方(もちろんもっと遠い人も!)の方は是非、もう一度ご覧下さい。


詳細↓


『扉のむこう』(Left Handed)
(2008年/日本/1時間50分/監督: ローレンス・スラッシュ)

スケジュール: 
3月5日(土)から11日(金)まで
毎日12:40 より 1回の上映、但し 8日(火)は休館

会場: 
〒652-0811 神戸市兵庫区新開地 5丁目3番14号
神戸アートビレッジセンター KAVCキネマ
Tel. 078-512-5500  Fax. 078-512-5356
http://kavc.or.jp/cinema/kavc_cinema.html

入場料金:
当日一般1,500円、学生1,300円、シニア1,000円、Web割1,300円

主催/お問い合わせ:
神戸アートビレッジセンター   078-512-5500

Posted on