Focus on Cinema

速報! アジアフォーカス2014 今年もキャナルシティ博多で開催です!!

アジアフォーカス2014の概要が決まりました。

会場は昨年と同じキャナルシティ博多がメイン会場。
上映は、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 と
今年初めて 福岡市総合図書館映像ホール・シネラ で上映します。

会期は2014年9月12日(金)がオープニング!
9月21日(日)までの10日間の開催です。

招待作品などの詳細は7月下旬ごろに発表の予定です。

みなさま、楽しみにお待ちください!

2013年のオープニング

2013年のオープニング

Posted on

「結界の男」が福岡に帰ってくる! 日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクトのお知らせ

アジアフォーカス2013で観客投票第二位にあたる熊本市賞を獲得したあの「結界の男」(2013年/韓国)がまた福岡に帰ってきます!

韓国で390万人を超える観客動員を誇り、アジアフォーカスファンのハートもがっちり掴んだこの作品。
さすがパクシニャン!
おかえりなさい、結界の男!

~すこしだけお堅いはなし~
今回、どうしてこんなことができるかといいますと、福岡市と釜山広域市が協力して「日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクト」を行っているからです。
このプロジェクトは、福岡市と、海峡をはさんだ隣人でもあり姉妹都市でもある釜山広域市が、映像コンテンツ産業の推進を目的として昨年から始めた映画交流事業であり、福岡市で日本未公開の韓国映画を上映しています。また同様に、釜山広域市においても「映画の殿堂」で日本映画を上映しています。
主催:福岡市経済観光文化局国際経済課

日韓シネマ・エクスチェンジプロジェクトはこの後3月までに第二弾、第三弾と続く予定です。
ここでも随時紹介していきますのでお楽しみにお待ちください!

 

Posted on

速報! アジアフォーカス2013はキャナルシティ博多で開催!


ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、
キャナルシティ劇場はもとより、
サンプラザステージなどもつかってダイナミックにアジア映画の祭典を開催します!

招待作品などの詳細は7月下旬ごろ発表する予定です。

みなさま、楽しみにお待ちください!

会期:2013年9月13日[金] ~23日[月祝]
ただし、13日はオープニング・セレモニーと上映会のみ開催

Posted on

お楽しみ韓流映画が決定しました!ユン・シユン主演「Mr.Perfect」

人気急上昇の韓流スター、ユン・シユン主演の日本未公開映画
Mr.Perfect(韓国原題 「100%」)
9月15日13:15~ 1回限りの特別上映決定!!

※言語は韓国語、 字幕は英語での上映になります。
日本語字幕はございません。

夢と声を失ったゴルファーと、小さな島に住む、夢を見つけたい子供たちとの出会い。彼らの力いっぱいのスウィングが希望と笑いを作り出す!


http://www.focus-on-asia.com/lineup/film12_18.html

Posted on

“INFINITE”初となる3Dコンサート・ムービーが、本映画祭でメンバー全員登壇 舞台挨拶付プレミア上映決定!

デビューから2年弱でトップアイドルの座に登りつめ、今最も旬な韓国アーティスト“INFINITE”。
“INFINITE”初となる3Dコンサート・ムービー『INFINITECONCERT SECONDINVASION EVOLUTIONTHE MOVIE 3D』が、9月14日より開催される<アジアフォーカス・福岡国際映画祭2012>での特別上映が決定しました。

本作品は10月20日(土)からの全国公開が決定。アジアフォーカスでの上映はジャパンプレミア上映となります。
上映日の9月15日(土)には、“INFINITE”メンバー全員が来日。上映会場で舞台挨拶を行うことが決定しました!

■3Dムービー『INFINITECONCERT SECONDINVASION EVOLUTIONTHE MOVIE 3D』
2012年4月1日ソウルオリンピック公園体操競技場で開かれたINFINITEのアンコールコンサート「SECONDINVASION [EVOLUTION]」を30台のカメラで撮影し、最先端の設備で完成させた高画質立体映像で贈る3Dコンサート・ムービーです。

アジアフォーカス福岡国際映画祭特別プログラム

「INFINITE SECOND INVASION EVOLUTION 3D 」舞台挨拶つきプレミア上映
T・ジョイ博多(JR博多シティ9階)シアター①226席
開場:17:45上映:18:00~
ゲスト:INFINITE

※ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※上映は、日本語字幕のついていない韓国上映素材での上映となります。

【チケット販売】
料金:3,000円(税込)(3D鑑賞料金含む)
① 一般販売(クレジット予約先行:KINEZO EXPRESS)

・9月11日(火)0:00~
T・ジョイ博多オンライン予約システムKINEZO EXPRESSにて
KINEZO予約ページにてKINEZO EXPRESSロゴからお進み下さい。
>>https://kinezo.jp/pc/190
② 一般販売(現金予約もできる通常KINEZO予約/ 劇場窓口販売(残席がある場合に限る)

・9月13日(木)0:00~一般販売(現金での予約含む)(残席分全て)KINEZO予約ページにて9月15日の予約ページにお進み下さい。
>>https://kinezo.jp/pc/190
・9月13日(木)9:00~T・ジョイ博多チケットカウンターにて販売。
<注意事項>※舞台挨拶付き上映の回は全席指定・定員入替制での上映となります。※舞台挨拶付きの上映をご鑑賞いただくには、舞台挨拶の回の座席指定券が必要です。
※ 特別プログラムにつき、アジアフォーカス福岡国際映画祭の回数券はお使い頂けません。
※ 転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※ 場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※ ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※ いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しは致しかねます。

【お問い合わせ窓口】
<「INFINITE SECOND INVASION EVOLUTION 3 D」プレミア上映 チケット販売について>
T・ジョイ博多
電話 092 -413 -5333

Posted on

あの韓国アイドル「SHU-I」(シューアイ)がレッドカーペットに登場!

特別ゲストのお知らせ第1段!
あの韓国アイドル「SHU-I」(シューアイ)がアジアフォーカス・レッドカーペットに登場!

昨年5月の日本デビュー以来、シングル発売毎に人気&チャートアップ!
7月25日には、更なるステップアップを約束する、ファーストアルバムNEXTAGE(ネクステイジ)をリリース。
日本でも人気急上昇中の5人組ダンスボーカルアイドルグループが、アジアフォーカスのオープニングセレモニーに登場します!もちろん、歌も披露していただきます!

9月14日[金]19:00からのオープニングセレモニー&野外上映 のお申し込みはこちらから。
9月2日[日] 締め切りですので、お早めにお申し込みください!

Posted on

インターン女子大生の映画っていいですよねvol.1「さかなの寓話」(2011/フィリピン)

8月7日から、事務局にインターンシップのお嬢様を預かっています。僕なら無給でこんなに働かない!というぐらいがんばってもらっています。
彼女が書いた「さかなの寓話」の感想です。
**************************************************************************************
神さまってほんとうにいるんでしょうか。「さかなの寓話」に宿る神さまはちょっと不思議で、ちょっと残酷です。
神さまからの贈り物が、予期せぬかたちでも愛しぬく妻。混乱を隠せない夫。
ラストのどんでん返しに「ええー!」と叫びたくなりつつも、静かな波が押し寄せてくるように、愛を感じられるラストシーン。
神さまを信じる人、信じない人、神さまについて考えたこともない人、考えたけど答えが出ない人、みんなに観てほしい作品です。
**************************************************************************************
いかがでしょうか、この瑞々しい文章。30代後半の私では とても書けません。
というわけで、彼女にはがんばってまた書いてもらうつもりです。
(事務局 永田)

Posted on

「ハーバー・クライシス」試写状プレゼント 受付終了しました

メルマガ会員様限定「ハーバー・クライシス」試写状プレゼント
受付を終了しましたのでお知らせいたします。

たくさんのご応募ありがとうございました。

当選者の発表は、試写状の発送を もってこれに代えさせていただきます。

今後も、メルマガ会員様限定プレゼントを企画しています。
この機会に、ぜひ、映画祭の耳より情報満載の「F/e アジアフォーカスメールマガジン」に登録をお願いいたします。
(事務局 永田)

Posted on

ハリキにしやがれ! Vol.5 ~この5年間での 私的ベスト5は?~

映画祭のディレクターなので「上映したすべての作品がベスト!」としか言いようがありません。

ここからはオフレコでお願いします。ベスト5は、時と場合によって変化しますね。今日の気分でいえば、まず、クマーラン・メーナン監督の「ダンシング・ベル」かな。ささやかな暮らしの描き方もすばらしいのですが、ぼくが一番感心したのは、芸術は何のためにあるのかという難しい問いに、見事な解答を出してくれたことです。

それからショエーブ・マンスール監督の「神に誓って」でしょう。エンターテインメントでありながら、これほどイスラムの問題を深く掘り下げた作品はほかにちょっと見当たらないと思います。

アスガー・ファルハディ監督の「アバウト・エリ」は、イラン映画の新しい次元を切り開いたと思います。冒頭の、車に乗って叫んでいるシーンから、もう「ヤラレタ!」としか言いようがないほど魅了されました。

韓国系中国人のチャン・リュル監督の作品はどれも好きですが、「豆満江」を挙げておきましょう。本人は、あまり中国人には見えません。酒飲みで、毎晩飲んでいました。気がつくと、ボランティア・スタッフの部屋で何気なく一緒におにぎりをほおばっていたりします。映画祭が終わっても帰らず、スタッフの打ち上げのときも、居残って朝まで飲んでいたこともありましたっけ。

そのほか、ウズベキスタンの「天空の路」、トルコの「天使の墜落」「卵」、オーストラリアの「サムソンとデリラ」、インドの「オーム・シャンティ・オーム」、フィリピンの「どん底」、韓国の「GO GO 70S」…数えあげればキリがありませんけど。

Posted on

【Focus on Cinema vol.5】中国と韓国の秀作をそろえた 「東アジア映画フェスタ2011」開催中!


9月27日(火)まで福岡アジア美術館8Fあじびホール
アジア各国の文化を映画を通して紹介をすることを目的として、1998年に第1回上映を開始、今年で12回目を迎えた「東アジア映画フェスタ2011」。今年は中国と韓国から、厳選された8本の秀作が披露されています。実行委員会事務局の田中茂さんに今年の見どころを聞きました。

「東アジア映画フェスタは毎年、テーマを決めて作品を選んでいます。今年のテーマは〝時代性〟。歴史を描いた時代性、現代社会を映し出す時代性、さまざまな時代性を感じる映画がそろっています」と語ってくれました。中でも田中さんオススメの作品は中国映画「孫文─100年先を見た男─」。今年は孫文が中国近代国家への夜明けにつながる辛亥革命を起こして100年。実は、当時福岡にあった政治結社「玄洋社」が彼をバックアップしたという事実があり、ゆかりも深い。「北京の自転車」は現代中国の貧富の格差を描いた物語。また韓国映画は、今年5月に東京で開催された「真!韓国映画祭2011」で好評だった作品を4本チョイスし、朝鮮戦争をテーマにしたものから、ラブ・ストーリーまでバラエティ豊かな作品群となっています。すべてが九州未公開。アジアフォーカスのチケットでも入場できるので、ぜひ期間中に足を運んでみてください。

<中国映画> 「孫文-100年先を見た男-」「北京の自転車」「ようこそ、羊さま」「初恋の想い出」
<韓国映画> 「ソウルのバングラデッシュ人」「坡州(パジュ)」「小さな池-1950年・ノグンリ虐殺事件-」「キュレーター ジョンフンさんの恋愛日記」

【Focus on Cinema vol.5】より

Posted on