おすすめアジア映画

上映作品「Bleak Night」と比較してみよう!No.2 台湾映画「九月に降る風」

以前、ここで今回の上映作品、韓国映画の「Bleak Night」と日本映画「青い春」を比較しました。さらに台湾作品とも比較したいと思います。

今回協賛企画として15日から始まっている「台湾映画祭2011」。そこで「九月に降る風(九降風)」を観てきました。
http://asia-republic.com/9wind/index.html

7人の仲間たち。いつもつるんで遊んでいます。すぐに集まって、くだらない事でも特別な事のように共有しあう。そんな時間はずっと続くと思っていたのに…少しづつ変わっていく関係。

ここまで書いていると、3作品のどれにも当てはまる内容です。そうなんです。どの国、どの時代でも、青春ど真ん中の若者に大差はありません。くっだらない!と思うような事をキラッキラッした目でやるんですね。喫煙、飲酒、女の子。卒業を前にして絶対的と思えていた関係が、微妙に崩れていくのも同じです。わかっていたつもりの仲間の心の中を読めない自分にとまどうのも…。

台湾のさわやかイケメンくんたちが勢揃いです。そう、全体的に他の2作品に比べるとさわやかなんです。でもなんだか物足りなさを感じたんですよね。もっと揺れる心とか思いの深いところがみれたほうがよかったかなと。2作品のディープさに比べると…ですが…。台湾の高校生活…といっても1996年当時ですので今との違いはあるにせよ、韓国よりは日本に近い気がしました。その辺を見比べるのもおもしろいです。原題の「九降風」は、台湾新竹に9月に吹く季節風のことで、この時期、台湾では卒業&入学シーズンと重なることもあり、日本の桜のように青春の新たな旅立ちと別れを象徴する代名詞なのだそうです。

台湾映画祭2011は20日までアジア美術館にあるあじびホールで6作品を1日4作品づつ上映しています。私は最後の18時からの回を観たのですが、120名ほど入るホールに私を含めて10人はいませんでした。もったいない…おかげでゆっくり観れましたが。ついつい自宅で観てるゆるゆる感覚になって、ドキリとするシーンでは声を上げていました…。

アジアフォーカスのチケットで観ることができますので、こちらも是非!

Posted on