Focus on Cinema

【Focus on Cinema vol.4】ゲストインタビュー④

カシミールの秋(インド)
監督:アーミル・バシール

映像美と対称的な現実に引きずり込まれる衝撃作
上映前に監督から観客にカシミールの説明があり、会場内は一気に緊迫した雰囲気に。1948年から続くインド・パキスタン紛争の中、国境地帯のカシミール。危険と共に生活する少年の心の動きが、美しい映像と共につづられてゆきます。

カシミール地方の美しい自然と対称的に町で起こる爆発、暴力などの事件。家族を失い悲しむ人々…。「ロケ地はすべてカシミールです。だからドキュメンタリーともいえますね」と監督。撮影は日々政府と現地の人々との交渉の中で行われたそう。紛争の被害者「家族の会」の抗議シーンは実際に行われているところを撮影。臨場感あふれる映像展開。そして衝撃のラストシーンに上映終了後、観客はしばらく言葉が出ないといった雰囲気。

「紛争の結末がわからないから、今この映画を撮影する必要があったんです。これが現実だということを多くの人々に知ってほしい」という監督の言葉を受け、Q&Aは長く熱い意見の応酬となり、貴重な時間となりました。

【Focus on Cinema vol.4】より

Posted on