Focus on Cinema

【Focus on Cinema vol.5】ゲストインタビュー①

すばらしき大世界(シンガポール)
プロデューサー:シューサム・マン
三世代で楽しめる笑い&涙のヒューマンドラマ
「日本では今日は敬老の日だそうですね。心から年配の方々に元気を送ります!」とマンさん。今作ではシンガポールの古き良き時代を描き、1940年代から70年代まで実在した遊園地・大世界で繰り広げられた4つのエピソードを思い出と共に振り返るハートウォーミングな物語です。

「ノスタルジックな作品を作ったのは、年輩者も映画を楽しんでほしいという思いから」とマンさん。実際に、映画館には三世代で観に来る家族が多く、おじいちゃんが息子や孫にスクリーンを指さして昔の遊び方を教える場面もよく見られたそう。完璧に復元された「大世界」。映画の中の音楽は、当時の音楽を映画のためにオリジナルに作曲したもの。

最後のエピソードには日本軍の侵攻という印象的なシーンもあり、Q&Aではアジアの歴史や戦争についても多く意見が出ました。劇中では数カ国語が飛び交い、まさに大世界! 違う言語の中から思いを分かち合おうというシンガポール人が受け継いできた姿勢に、人としての温かさを感じました。

【Focus on Cinema vol.5】より

Posted on