アジア映画と文学

日本映画「ウタヒメ」と韓国ドラマを比較してみよう!

「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」(2012年 監督:星田良子)を観てきました。
「崖っぷちの女たちロックバンドやっちゃいます!?」のコピーのとおり、様々な問題を抱えているアラフォー主婦たちがロックバンドを結成、ライブに参加するまでのお話です。主演には黒木瞳、真矢みき、木村多恵、山崎静代。
ディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」がタイトルにもなっていますが、主題歌はZARDの「あの微笑みを忘れないで」です。

テレビCMを目にした時、思い出したのは韓国ドラマ「カムバックマドンナ~私は伝説だ」
こちらも4人の女性が今のウップンをはらすようにロックバンドを組んで、困難にぶつかりながらもバンド活動していくごとに輝いていきます。

 

「ウタヒメ」のリーダー美恵子(黒木瞳)はなんでも卒なくできて完璧なはずなのに、なぜかいつも空回り…絵に描いたような理想的な主婦のはずが、夫にも娘にも自分が見えてないみたい…。がむしゃらに練習してライブに参加して自分にもロックな一面があるところを見せたい。

一方、「カムバックマドンナ」のリーダーソルヒ(キム・ジョンウン)は韓国を代表する法律事務所の若奥様。結婚後まったく自分にふり向いてくれない夫、常に釣り合わない家柄を持ち出し口うるさく監視する姑。理想の結婚のつもりが、自分の居場所が見つからず夫のうわきも相まって離婚を決意…そして自分らしさを取り戻す為に昔の仲間とバンドを結成。
日韓の今の自分になんとなく違和感を感じているそれぞれ4人の女性たちが、ひとつのハードルを飛び越えて輝いてく。そのフィルターがロックバンドなんですが、似てるでしょ?

最初に「ウタヒメ」を知った時、「カムバックマドンナ」のリメイクかと思ってしまったくらいです。でも「ウタヒメ」には原作本、五十嵐貴久『1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター』(双葉文庫)があるそうなので、この本もチェックしてみよう…。

 

 

「カムバックマドンナ」の方はドラマ(全16話)なので、ロックバンドのシーンだけではなくお話が多岐にわたりますが、それでも演奏シーンが売りのドラマです。
「ウタヒメ」のラスト、演奏シーンはさすが宝塚!サマになってましたよ〜。
バンドを組むかは別として、どちらも抱えている悩み不満、登場人物には、うんうん、あるある、こんな人いる〜と突っ込みのひとつもいれたくなるようなリアルな内容です。

Posted on