おすすめアジア映画

梁木ディレクターのここが見どころ「未熟な犯罪者」(韓国)


家庭経済が崩壊し、路頭に迷い、犯罪に走ってしまう少年たち。そんな境遇にある少年たちの実情を描いた作品です。本作は、スタッフや俳優が実在の少年院に寝泊りし、収容者たちと同じ生活をすることで彼らの心理状態を理解し、また、撮影も実際の施設で行なわれたことで、リアリティーあふれる映像になっています。

保護観察中の16歳の少年が祖父を亡くし、天涯孤独になろうとする時に、死んだはずの母親が現れます。彼女は17歳の時に彼を産み、逃げたのだった。大人になりきれないふたりの生活は、またしても崩壊していくのでした。ああ、救いがない。でも、いい作品です。

本作品は、昨年の東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞。大人になれない少年の切なさを熱演した主演のソ・ヨンジュは、最優秀男優賞に輝きました。未熟な母親役を演じるイ・ジョンヒョンの愛らしさも注目されます。

作品情報はこちら↓

http://www.focus-on-asia.com/lineup/film13_20.html

Posted on