アジアイベント

シンポジウム「シンガポール・ドリーム」は誰のもの?:グローバル・ハブシティが模索するアイデンティティ」

シンポジウム「シンガポール・ドリーム」は誰のもの?:グローバル・ハブシティが模索するアイデンティティ」

人材のみが唯一の資源として、国内の人材開発に力を入れつつ、国外からも広く人材を受け入れ、グローバル・ハブシティとして発展目覚ましいシンガポール。その成功と課題について、流動性を高めつつある日本を含めたアジアの国々が注目しています。
ミシェル・チョン監督作品のシンガポール映画『スター誕生』(Already Famous/一泡而紅、2011年)は、それぞれに夢を抱いて世界中からやって来る人たちが交差するシンガポールならではのユーモアあふれたラブコメディです。
本シンポジウムでは、アジアフォーカス・福岡国際映画祭で来日中のポーリン・ユイ(Pauline Yu)氏(『スター誕生』プロデューサー)をお招きし、映画を通じて今日のシンガポールのアイデンティティに迫ります。

【日時】 2013年9月17日(火)13時~15時
【会場】 キャナルシティ博多貸会議室(福岡市中央区住吉1-2-25 キャナルシティビジネスセンタービル6階)
【プログラム】
・司会・趣旨説明
篠崎香織(北九州市立大学)
・ゲストスピーカー
ポーリン・ユイ(『スター誕生』プロデューサー)
・話題提供
田村慶子(北九州市立大学)「シンガポールで働く外国人」
及川茜(神田外語大学)「ヨンピンからシンガポールへ――カンポン・ガールの上京物語」」
・閉会挨拶
深尾淳一(映画専門大学院大学)

★アジアフォーカス・福岡国際映画祭『スター誕生』上映情報
9月14日(土)20:30/9月18日(水)19:20/9月20日(金)14:50/9月22日(日)9:45
(詳細はこちら )

【参加方法】入場無料、事前申し込み不要
【問い合わせ先】篠崎香織 kaoris@kitakyu-u.ac.jp
【主催・共催】
・主催
マレーシア映画文化研究会 
京都大学地域研究統合情報センター共同研究 「映画に見る現代アジア社会の課題」
・共催
日本マレーシア学会
東南アジア学会九州地区例会
科研費(基盤A)「広域アジアの市民社会構築とその国際政治的課題」
・協力
アジアフォーカス・福岡国際映画祭
北九州市立大学

http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/event/?p=1572

Posted on