ニュース・トピックス

2013年福岡観客賞授賞式が行われました!

「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013観客賞」は香港映画「狂舞派」に決定!!

 


今回で23回目となる「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013」。11日間の期間中、ハイライトを迎えた9月18日、「福岡観客賞」の発表と授賞式がキャナルシティ劇場で行われました。映画祭では、アジアの映画振興に寄与するために、観客の投票で決める「福岡観客賞」を2006年から実施し、アジアの優れた監督に対して顕彰を行っています。本年度の対象作品は正式招待作品全22作品です。
9月14日から16日までの間、観客に映画鑑賞後、5段階評価で投票してもらった結果、最も平均点の高い作品が「福岡観客賞」に。多くの映画ファンが結果発表を待ちわびる中、再び華やかにゲストたちが登場、ノミネート作品の紹介がスクリーンに映し出され、会場内の期待と緊張が高まってゆきます。まずは、昨年から設けられた「熊本市賞」の発表から。熊本市賞は昨年4月に九州で3番目の政令指定都市となった熊本市から、都市連携の一環として提供されるもので、アジアでも有数の映画祭となった本映画祭のさらなる発展に寄与するためにもうけられたもの。熊本市賞は、観客投票の第2位作品に授与されます。

「熊本市賞は…韓国映画の『結界の男』です!」。高らかに響き渡った熊本市シティプロモーション課課長・井本賢一氏の発表の一声に、会場中から拍手と歓声が沸き起こりました。チョ・ジンギュ監督には証書と副賞、トロフィーが贈られ、満面の笑みで記念撮影に応じていました。「結界の男」はやくざの幹部が突然巫女になってしまい、さまざまな問題を巻き起こしていく爆笑コメディー。映画ファンの間でも口コミで面白いと評判の作品で、納得の熊本市賞受賞でした。
 

そしていよいよ、観客賞の発表です。緊張感あふれる張りつめた空気の中、ドラムロールが会場に鳴り響きます…。そしてスポットライトが止まったのは、香港チームの場所!「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013観客賞は、『狂舞派』です!! おめでとうございます!!」。割れんばかりの拍手が鳴り響く中、登壇した監督のアダム・ウォン氏、主演俳優のベビージョン・チョイ氏、俳優のトミー・ガンズ・リー氏、プロデューサーのサヴィル・チャン氏。華々しく今年のオープニング上映会を飾った今作は、従来の王道香港映画には観られない、ヒップホップダンスをテーマにした明るくノリの良い青春物語。大スターは起用せず、香港の街で実際活躍しているダンサーをスカウト、映画製作のための資金繰りに4年かかったという、アダム・ウォン監督による苦心の一作でもあります。
「観客賞をいただけるなんて、全く期待していませんでした。私がこの映画をつくろうと決めた4年前、実際にダンスにかける若者たちを見て、かつてない情熱とロマンを感じ、ただ、良い映画をつくろうとだけ思っていたので、それが商業映画なみの成功を収めるとは本当に想像してもいなかったことです。なぜならば、香港映画ではダンスをテーマにした映画など今までつくられていませんでしたし、インデペンデント系の映画が商業的に成功することなど全く信じられていなかったからです。しかし、実際に香港では口コミで広がり、ちょっとしたブームにもなりました。そして、ここ福岡で観客賞をとるまでになったことをとても光栄に思います。これは我々チームが一丸となってとった賞です。私は日本映画にとても影響を受けているので、いつの日か日本の映画を日本人の俳優と一緒につくりたいと思っています」と感慨深げに語ったアダム・ウォン監督。実際に、香港では熱狂冷めやらず、パート2の製作がもう決まっているそう。
新藤会長から証書と副賞、梁木ディレクターからトロフィーが贈られ、記念撮影では元々プロのダンサーであり、今回俳優初挑戦となったトミー・ガンズ・リー氏が壇上でサービス・パフォーマンス。フラッシュの嵐の中、ゲストを含め会場から割れんばかりの拍手と温かな声援が送られました。

 

リラックスした雰囲気でゲスト同士が仲良く交流

観客賞授賞式の後には、会場横のホワイエにて「ゲスト交流会・祝賀会」が開催されました。映画祭が始まって6日、ゲストや映画祭関係者、ボランティアたちがやっと顔なじみになった頃の交流会。オープニングレセプションとは違って、とてもリラックスした雰囲気でみなさんが懇談を楽しみました。福岡観客賞を受賞した香港映画「狂舞派」のアダム・ウォン監督も、「映画祭などが成熟しているヨーロッパに比べ、アジアでの交流はまだまだと思っています。映画関係者が親しく交流できる場所はここ福岡だけ。この機会を大切にして、もっとアジア映画を盛り上げ、関係者同士交流を深めていけたらいいですね」グラス片手に語っていました。また、「レッド・カーペットや映画祭、上映会…私にとって全部初めての経験で賞までいただけたことに感激しています。一生で忘れられない経験となりました。福岡は、日本でこの映画を広めるチャンスを作ってくれた場所。日本でも口コミでぜひ、この映画の面白さを伝えてほしい」とベビージョン・チョイ氏も興奮を隠しきれない様子でした。

映画祭も残すところあと4日。注目の作品を含め、まだアジア映画に深く触れるチャンスはたくさんあります。交流会・祝賀会では、映画祭後半の盛り上がりにも期待できると確信したひとときとなり、時が経つのを忘れて懇談を楽しんでいました。

 

Posted on