ディレクター梁木のアジア映画館

梁木ディレクターのここが見どころ!② 【ジャングル・スクール〈インドネシア〉】

 
ジャングルの中で学ぶ喜びを知った少年たち

知識はほんとうに人のためになるのか、伝統を破壊するだけではないのかという、近代のジレンマを扱ったとても奥行きの深い作品です。インドネシア、スマトラ島のジャングルを管轄するNGOで働くブテットは、森の上流で子どもたちに読み書きを教えている。ある日、下流の部落の少年に助けられたブテットは、彼の集落の大人たちは、読み書きができないために、外部の人間から不当な扱いを受けていることを知る。だが、下流の森の大人たちは、子どもたちが文字を覚えることに恐怖を感じている。文字を覚えた子どもたちは森を出ていく可能性があるからだ。しかし、純粋に学びを欲する子どもたちの姿は、ブテットを勇気づけ、ジャングル・スクールの創立へと彼女を突き動かしてゆく。

本作は実話に基づいたストーリーで、リリ・リザらしい社会を変革しようという意志と、人間への優しいまなざしがストレートに伝わってきます。



【上映作品紹介はこちら
 

Posted on