ディレクター梁木のアジア映画館

梁木ディレクターのここが見どころ!④ 【タイムライン〈タイ〉】

 
甘く切ないタイ式ラブストーリー

タイの恋愛映画には独特のタッチがあります。生と死が隔てても、ふたりの愛はなお一層燃え上がる……昨年の「ピーマック」もそうでしたが、今年も、タイ映画の王道です。北部チェンマイ。夫を亡くし、イチゴ農園を経営しながら一人息子テーンを育てた母。テーンは進路を決める際に母の希望する農業大学は選ばず、バンコクの大学に進学する。大学の新入生歓迎会でチャーミングなジューンと出会い、恋が芽生えるのですが、やがて三角関係に陥り、ジューンはテーンに告げず日本へ留学して……そして。最後にfacebookのタイムラインに綴られたメッセージに愛の深さを知ることになります。

タイで大ヒットの映画。とりあえず主人公テーン君が超カワイイ。タイで大ブレークしています。ジューンもチャーミング。このふたりを見るだけでも価値はあります。唐津くんちなど、佐賀県唐津市で撮影されたシーンにも注目を。




【上映作品紹介はこちら
 

Posted on