ニュース・トピックス

FOCUS ON CINEMA⑯【私は彼ではない〈トルコ/ギリシャ/フランス〉ディレクター懇談】

監督 タイフン・ピルセリムオウル

 

受け身ではない、観客自らが一歩入り込む映画

 

エンジニアを育成するトルコ中東工科大学卒業後、ウィーンで美術を学び、その後、小説や脚本を書きながら映画の道へと足を踏み入れたタイフン監督。恵まれたリベラルな環境で育った監督が作りたい映画は、ハリウッドのような派手な映画ではなく、観客自らが映画の中に入って考えるという作品。

「構造的な面でも、内面の葛藤を描かないという主人公像も、とても面白かったです。観れば観るほど新しい発見があって、まるで日本の小説家、安部公房の世界を彷彿させました」と梁木ディレクターが言えば、「嬉しいです。安部公房は知っていますよ」と表情を和らげます。「偶然が重なって思いもかけない方向にすすんでいくラビリンスのような世界を描きたかったんです。それと私は主人公の内面を感傷的に描くよりも外側で起きたことを描きたいと思いました」。

上映後のQ&Aでは“退屈な映画だった”という声もありましたが、観客の方に歩み寄って取引するような映画は作りたくないと監督は言います。それについては梁木ディレクターも「僕も受け身でいられる映画ではなく、謎が多い方が好き。また突然何かが起こる、伏線を張らないのもいいですよね」と意気投合。「私は、観客の側がフレームの世界に一歩踏み込んできて欲しいと思っています。人生はループのように繰り返し繋がっているもので、ある所まで来ると劇的に変わりますが、それは次のループに入ったということ。私が思う映画は、監督と観客がダンスをしながら近づき、出会うこと。綱渡りのロープダンスのように危険だけど(笑)」

実は、今回の来福が初来日というタイフン監督。「福岡には、来るべくして来たという気持ちがしています。皆さんフレンドリーで、食べ物も美味しい」とご機嫌の様子。明日は屋台に行ってみようと福岡の毎日を満喫されている監督でした。

Posted on