ニュース・トピックス

FOCUS ON CINEMA⑲【ふしぎな岬の物語〈日本〉特別試写会】

原作者:森沢明夫
プロデューサー:富永理生子


 

人のつながりの温かさを描いた至福の物語


第38回モントリオール世界映画祭での、審査員特別賞グランプリとキリスト教関連団体が贈るエキュメニカル審査員賞のダブル受賞ニュースに日本中が沸いたのも記憶に新しいところ。人のつながりの大切さを味わい深く描いた「ふしぎな岬の物語」。10月11日の公開に先駆けて開催された特別試写会では舞台挨拶が行われ、多くのファンが詰めかけました。

今回は主演の吉永小百合さんが企画から携わり、監督の成島出さんと共に“温かなつながり”について何か表現したいと探して出合ったのが、映画の原作となる森沢明夫さんの小説「虹の岬の喫茶店」でした。森沢さんは「原作が映画化されると決まった時、心の中で花火がドーンと上がりました。映画祭で受賞のニュースを聞いた時は、やった!というより、吉永さんおめでとう!という気持ちでした」と語り、実際ロケ現場で吉永さんに会った時は、あまりにも気さくなので驚いたそう。プロデューサーの冨永理生子さんは「吉永さんは映画界の大先輩。プロデューサーとしても女優としても完璧で、とにかく素晴らしいのは人間としての気のつかい方。助手などスタッフ全員の名前を覚えていて、遠くの人にも手を振って応える…この方のためなら何でもできる!という思いでついていきました」と吉永さんの魅力を披露。

ロケは極寒の2月、阿部寛さん、笑福亭鶴瓶さん、竹内結子さんなど脇を固めるキャストもチームワーク抜群で吉永さんを中心に厳しい現場を和やかに乗り切っていたのが印象的だったと語る2人。森沢さんは小説に幸せの本質への思いを込めたといいます。「幸せは成るものではなく、気づくもの。そして人を幸せにしている人が幸せなんです。映画ではその幸せのキャッチボールを楽しむことができると思います」。日本映画ならではの温もりを感じる心地良い映画に仕上がっているという今作品。「たとえて言うなら田舎のひなびた温泉に2時間浸かっているような感覚で、映画をご覧になっていただきたいです。心の奥からほっこり温まり、至福のひとときを過ごしてください」との冨永さんのメッセージに会場全体が温かい拍手で包まれました。

Posted on