アジアントリビア

そのエネルギーを他で使えば…「EIGHTEEN 〜旋風」

テレビで韓国映画「EIGHTEEN ~旋風~(회오리 바람)」をやっていて、「凍てつく夜に」のドンユン、ソ・ジュニョン君が主役だわと思いながら見ていたら、これが昨年のアジアフォーカスで上映された作品だということに後から気づいたのでした…。

18才の多感な主人公テフンとミジョン。進学を控えた高校3年生…でも韓国では数え年を使うので18才と言えば高校2年生の話になります。ミジョンのお父さんが言ってますが「出身大学で人生の9割は決まる」くらい厳しい学歴社会の韓国では、高校2年でも3年でも大学進学のためにひたすら勉強する時期で、それは日本以上に過酷かもしれません。

でもそんな厳しい現実に悶々とした中、高校生も恋愛はする訳で、テフンとミジョンも100日記念日を迎えます。韓国の方って、記念日が好きですよね。つき合い始めてから100日目というのは、特に重要視するみたいで、何かしらのサプライズイベントを男性が用意します。最近ではイベントを代行する業者もいて、あらゆるシチューションのイベントを代行してくれるみたいです。金額もピンキリ。大切な日を数えまちがえないように、携帯にはつき合ってからの日を教えてくれるカレンダー機能(アプリ)は必須。100日記念の話を聞くたびに、3カ月ちょっとの100日つき合ったことがそんなにすごいことなのか?と突っ込みを入れたくなるのですが…(笑)

記念に二人は親に内緒で、東海(日本海)へ旅行。離れがたい気持ちを持ちながら帰宅。男のテフンは友達を理由にごまかしますが、女性のミジョンはそうはいかず、すぐにばれて父親の逆鱗にふれることに。テフンと両親を自宅へ呼びつけます。このお父さんが怖いのは、子どもたち二人別々に旅行中の行動をすべて書かせ…笑いながら和やかに話をしてるのだけど、二人のレポートに目を通しながら嘘がないかを詰めて行きます。嘘がばれたときの変わりようが怖いったら…「血と骨」を思い出しました。テフンには潔白なら俺を刺せって言うし、自分の娘は売女呼ばわりして一緒に死のうとまで…この激しさって韓国の父親の愛情表現の一つの形でしょうか?

大学に入るまで会わないという「誓約文」を書かされてどんなに反対されても、彼女とのことしか考えられずじたばたするテフンに対して、少し先をみて歩き出したミジョン。この頃って見えてる世界が狭くって、それが永遠に続くみたいに思ってしまうけれど、実はあっという間に過ぎるから…と甘酸っぱい気持ちで二人を見ていました。

原題の「회오리 바람」は「つむじ風」。諦めず行動するテフンを見ていると、もっとそのエネルギーを他に使えばいいのにと思ってしまいます(親目線でしょうか?)が、そんなテフン、竜巻ではない「つむじ風」…言い得て妙でしょ!

Posted on