中国

高校生の初恋物語だと思ってた…「北京の自転車」

2000年の中国映画「北京の自転車」(原題・十七歳的単車)。2001年のアジアフォーカスで上映されました。東アジア映画フェスタ2011での上映が決まっています。

急速に発展する北京には地方から仕事を求めてたくさんの人々がやってきます。マウンテンバイクで宅配する仕事を得た一人の17歳の若者。彼にとって見たこともないような最新の自転車が、頑張って働けば自分のものになる…彼はひたすらペダルをこぎ続けます。見たこともないのは宅配先のホテルやマンションも同じで、そこにあるのは自分とは別世界のものでした。その世界を望むわけでもなく、彼は自分の生活のため、糧を得る大切な手段であり、そして彼の小さな夢、マウンテンバイクを必死に守ります。そしてもう一人17歳の高校生男子。彼にとっても自転車は大切な宝物でした。2人の若者が1台の自転車をめぐって関わってきます。

たかが自転車、されど自転車。2人にとって何物にもかえがたい自転車を守るための行動が切ないです。なりふりかまわない17歳の姿は、次から次と起こるトラブルを前にして、それでも何度もあきれるくらい立ち上がってくる彼らの姿にちょっと笑ってしまうのですが、急激な発展で地域の差や貧富の差があまりに大きくなりすぎた社会のゆがみの中、彼らなりの真摯な姿はなんだかやるせなくもあり...。


今年の上映作品「 遠い帰郷 / Return Ticket」は舞台が上海ですが、同じように地方から働きにくる人々の生活を描いています。いろんな想いを持って都会に来て、目の前のどうにもならない現実に、思い出すのはふるさと。こちらの方が出てくる人々が大人なので、生き方を自分で選ぶたくましさが感じられます。

「北京の自転車」の中で宅配会社から最初に言われたのは「地図を頭にたたきこめ!胡同(フートン)のすみずみまで!」。胡同と言えば、北京オリンピックのときの都市整備で会場に近い場所は取り壊され、古い街並とそこに暮らす人々が消えて行くというニュースが記憶に新しいのではないでしょうか。細い路地が入り組む胡同で、宅配くんは帰り道がわからなくなってぐるぐる…この街並だったのね!

そう言えば、私はDVDのパッケージから自転車通学をする高校生の淡い初恋物語だと勝手に決めつけてました…。まぁ、当たらずとも遠からずってとこでしょうか。

Posted on