アジアフォーカス・福岡国際映画祭

  • メディア・プレスの方へ
  • 日本語英語
  • 公式フェイスブック
  • 公式ツイッター

2016年9月15日(木)~9月25日(日)

ニュース

2015.09.29

FUKUOKA FILM LOCATION TOURS 2015 ①

福岡フィルムコミッションによる「FUKUOKA FILM LOCATION TOURS 2015」

福岡フィルムコミッションでは、本際映画祭ゲストである海外の映画監督やプロデューサー対象に、
過去にロケ地となった場所や福岡の特徴的な場所などに案内し、今後、福岡での撮影を行ってもらうための
PRを行っています。
今年の公式招待作品でもあるフィリピン・日本映画『インビジブル』は、2013年の参加者である、フィリピンのローレンス・ファハルド監督が、このツアーがきっかけで、福岡を気に入っていただき、2015年1月に福岡都市圏内各地でロケが実現したものです。
今年も、2日間に渡って、4か所をご案内するツアーが開催されました。たくさんのゲストが参加されFCスタッフ、映画祭スタッフ、ボランティアの皆さんと楽しい一時を過ごしました。
■開催日とルート
1日目)午前 ルートA: 山王調整池、午後 ルートB: 舞鶴公園,大濠公園
2日目)午前 ルートC: 楽水園, 住吉神社 午後 ルートD: 福岡市博物館,ももち浜,福岡タワー
—————————————–
ルートA: 山王調整池 レポートは広報ボランティアAさんです!

【参加者】
タイ『蒼ざめた時刻(とき)』監督: アヌチャー・ブンヤワッタナ
香港『Little Big Master』監督: エイドリアン・クワン、脚本家: ハンナ・チャン
「ネオシネマップ福岡2015」参加の映画監督、シンガポールのチャイ・イーウェイ

雨水貯水池なので、降水確率40%以上での雨天時は危険なため立ち入り禁止ですが、
本日は晴天につき、ツアーは無事決行!
普段は入る事の出来ないレアな場所へのスペシャルなツアーにつき、みなさんワクワクドキドキです。
貯水池は、過去平成11年、15年の2度の博多駅周辺で、甚大な浸水被害が発生したため、緊急対策としてわずか1年で建設されたとの事。一時的に雨水を貯水し、すぐ近くにある御笠川に放流します。福岡市の雨天時の安全が、ここでバッチリ守られています。

施設の説明を受けて、エイドリアンさんから福岡の自然環境にも興味を持たれ、福岡で一番高い山は?などの質問も出ました。
6
施設の中では、アンダーグラウンドな空間に、皆さんクール!と大喜びです。モデルになりきってポーズを決めて、写真撮影大会があちこちで開かれています。
ここで撮影するとしたら、どんなアングル、ストーリーにするか?などイメージが膨らみ会話に花が咲きます。
5
実際にここで撮影されたバンドのプロモーションビデオと福岡市の紹介を、巨大な壁をプロジェクター代わりにみんなで鑑賞し、盛り上がります。
最後には、案内して頂いた福岡市下水道局の担当者と方々と、仲良く名刺交換。
福岡市をロケ地とした映画が撮影されて、上映される日が、待ち遠しいですね!

☆動画もあります!ぜひ見てください!
ルートA: Mysterious Course(山王調整池)

共催
  • ASIA center
助成
  • 芸術文化振興基金
特別協賛
  • 西日本シティ銀行
  • 公益財団法人 西日本国際財団
  • 福岡地所株式会社
特別協力
  • インドネシア共和国大使館
上映協力
  • 熊本市
協賛
  • 西鉄
  • 西部ガス
  • 九電工
  • 福岡銀行
  • JR九州
  • タマホーム
  • 正晃株式会社
  • 明治安田生命
  • 麻生情報ビジネス専門学校
  • NTT西日本
  • 東京海上日動

ページの先頭へ戻る