アジアフォーカス・福岡国際映画祭

  • 日本語英語
  • 公式フェイスブック
  • 公式ツイッター

過去のアジアフォーカス

2000年(第10回)

2000
期 間 2000年9月8日(金)〜17日(日)
会 場 ソラリアシネマ1、エルガーラホール、都久志会館、福岡アジア美術館あじびホール
内 容 15か国地域50作品
入場者数 アジアフォーカス・福岡映画祭 2000 —16,690人
協賛企画など —2,101人
合 計 18,791人
オープニング上映 春香伝(2000年韓国)

1991年にスタートしたアジアフォーカス・福岡映画祭も、西暦2000年という節目の年に、第10回を迎えることになった。これまでの9回で正式招待された196作品のうち、132作品については福岡市総合図書館映像ライブラリーが上映プリントのアーカイヴ権を取得し、保存している。これらのなかから9作品をピックアップした特別企画「アジアフォーカス傑作選1991-1999」に協賛企画、協力企画を加えた全50本という上映本数は、これまでの10年間で最多である。

この年の正式招待作品のなかにはシャージ・N・カルン監督、マリルー・ディアス=アバヤ監督、イム・グォンテク監督といった、10年を振り返るうえで欠かすことのできない監督たちの名前が並んだ。なかでもイム監督の「春香伝」は、韓国の永遠の古典の映画化。パンソリと映像を見事に融合させた傑作で、オープニング上映となった。

また「インド映画コレクション」と題し、99年に生み出された傑作5本が上映されたほか、福岡映画祭をきっかけに完成したネパール映画「欲望の仮面」のお披露目、ブータンからの初出品などがあった。

さらに10回からの新しい試みとして、公式ポスターをアジアのアーティストに依頼したことが話題を集めるとともに、キネマ旬報社からはアジアフォーカス10年の歩みを記念した書籍「新世紀アジア映画」が発行された。
なお12月には、東京の国際交流基金フォーラムで福岡映画祭10回を記念した「合同アジア映画祭」が開催され、過去の福岡映画祭でしか観ることのできなかったアジアの傑作11本が、東京でも披露された。

PROGRAM FOR 2000

※日本語題の()内は、福岡映画祭での上映題
※作品名の後にの付いている作品は福岡市総合図書館所蔵

●アジアパノラマ
スニーカーの少女 ラスール・サドレアメリ監督 1999/イラン/color/98min.
ささやき パルヴィズ・シャーバズィ監督 2000/イラン/color/80min.
サロージャー ソーマラトゥネ・ディサーナーヤカ監督 1999/スリランカ/color/115min.
少年義勇兵 ユッタナー・ムグダーサニット監督 1999/タイ/color/120min.
砂のような人生 グエン・タイン・ヴァン監督 1999/ベトナム/color/90min.
ムロアミ マリルー・ディアス=アバヤ監督 1999/フィリピン/color/117min.
ザ・カップ ケンツェ・ノルブ監督 1999/ブータン・オーストラリア/color/93min.
欲望の仮面 ツェリン・リタール・シェルパ監督 1999/ネパール・日本/color/105min.
愛のさだめ J・ビンデル監督 2000/モンゴル/B & W/78min.
草の家 シュイ・コン監督 1999/中国/color/100min.
リトル・チュン フルーツ・チャン監督 1999/香港・日本/color/103min.
天馬茶房 リン・チェンシェン監督 1998/台湾/color/93min.
沙河悲歌 チャン・チィヨン監督 2000/台湾/color/108min.
春香伝 イム・グォンテク監督 2000/韓国/color/120min.
ペパーミント・キャンディー イ・チャンドン監督 1999/韓国・日本/color/129min.
三文役者 新藤兼人監督 1999/日本/color/126min.
あかね色の空を見たよ 中山節夫監督 2000/日本/color/100min.
●インド映画コレクション2000
心のままに(仮) サンジャイ・リーラー・バンサーリー監督 1999/インド/color/187min.
青いマンゴー アモール・パーレーカル監督 1999/インド/color/96min.
最後の舞 シャージ・N・カルン監督 1999/インド/color/119min.
悲哀 ジャヤラージ監督 1999/インド/color/77min.
河は流れる ジャヌ・ボルア監督 1999/インド/color/90min.
●特別企画アジアフォーカス傑作選 1991-1999
パンと詩 キュマルス・プルアマド監督 1994/イラン/color/90min.
私自身のもの シャージ・N・カルン監督 1994/インド/color&BW/141min.
運命線 レスター・ジェームス・ピーリス監督 1956/スリランカ/B & W/90min.
十月になれば ダン・ニャット・ミン監督 1984/ベトナム/B & W/86min.
マドンナ・アンド・チャイルド マリルー・ディアス=アバヤ監督 1996/フィリピン/color/121min.
ゴビの聖者 I・ニャムガワー監督 1998/モンゴル/color/106min.
心の香り スン・チョウ監督 1999/中国/color/79min.
バナナ・パラダイス ワン・トン監督 1989/台湾/color/145min.
キルソドム イム・グォンテク監督 1985/韓国/color/101min.
●協賛企画:CINEMA LIVE! 日本映画の未来形(主催/アジアフォーカス・福岡映画祭企画委員会)
あんにょんキムチ 松江哲明監督 1999/日本/カラー/52分
映画の天使 高岡茂監督 2000/日本/カラー・モノクロ/42分
短編TANPEN   2000/日本/カラー/65分
だれも知らない夏の空 中治人監督 1999/日本/カラー/79分
伝説の舞姫
崔承喜〜金梅子が追う民族の心
藤原智子監督 2000/日本/カラー/90分
どんてん生活 山下敦弘監督 1999/日本/カラー/84分
ホームシック 水戸ひねき監督 1999/日本/カラー/60分
ランデブー 山本浩資監督 1999/日本/カラー/55分
旅するパオジャンフー 柳町光男監督 1995/日本/カラー/95分

○協力企画:韓国映画フェスティバル(主催/アジアの心実行委員会)
○フォーラム「映画大国インドの全貌を探る」(9月10日/エルガーラホール)

ページの先頭へ戻る