アジアフォーカス・福岡国際映画祭

  • 日本語英語
  • 公式フェイスブック
  • 公式ツイッター

過去のアジアフォーカス

2020年(第30回)

2020写真をクリックするとカタログをご覧頂けます
名称 アジアフォーカス・福岡国際映画祭2020
開催期間 9月20日(日)
・オープニング上映
9月20日(日)~24日(木)
・アジアの新作・話題作等上映
主要会場 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
(キャナルシティ博多内)
マリンメッセ福岡 第2駐車場
上映作品 22か国・地域 全59作品
(映像作品・関連企画を含めると 23か国・地域 全189作品)
招聘ゲスト 0名(新型コロナウィルスの影響により招聘見送り)
来場者 12,328人(主催 8,487人 関連企画 3,841人)
入場料 [1作品券]  当日:1,000円
[フリーパス券]  当日:10,000円
[障がい者・中高大生・留学生]  当日:500円
概要

 1991 年に始まったアジアフォーカス・福岡国際映画祭は、今年30 回目の記念すべき節目を迎えたが、新型コロナウィルス感染症の影響により、開催自体も危ぶまれた。幸い開催にはこぎつけたものの、開催内容の変更を余儀なくされた。ゲスト招聘が困難であったため、レッドカーペットやQ&A、サイン会といった観客との交流イベント、映画に関する様々なテーマを考察するシンポジウムなどの実施を見送り、上映プログラムのみの実施となった。また、安全・安心に映画を鑑賞するため、マスクの着用及び手指消毒、座席の間引きといった、感染症対策を行ったうえでの開催となった。
 オープニングは2018 年福岡市内でオールロケを行い、2019 年本映画祭で日本初上映したチャン・リュル監督『福岡』の再上映。ただし、今年の映画祭では、チャン・リュル監督が「実はこちらが本命」と語るモノクロバージョンを上映するとともに、チャン・リュル監督から観客に向けたメッセージ動画を上映した。
 アジアの監督特集上映は、福岡が全国に先駆けて紹介してきたタイのアノーチャ・スウィチャーゴーンポン監督特集を実施。「モダニズムのむこうの永遠」と題し、タイ・アート映画界を牽引する知的俊英の全貌を、長編全3 本、最新作を含めた短編集の、計4本で紹介した。映画祭直前に産まれたお子さんとともに撮影した、監督からのビデオメッセージが流れると、会場が温かい雰囲気に包まれた。
 コロナ禍における新たな試みとして、車に乗ったまま映画鑑賞ができるドライブインシアターを実施。家族で楽しめるよう福岡を本拠地とするゲーム企業が製作したアニメーション映画『二ノ国』を上映した。
 これまで実施していた舞台挨拶の代わりに、公式招待作品の監督から寄せられたビデオメッセージを本編上映前に流すとともに、本映画祭にゆかりのある監督たちから「コロナ禍のアジア映画」をテーマにビデオメッセージを作成してもらい、映画祭YouTube にて公開するなどの取組みを行った。

ページの先頭へ戻る