アジアフォーカス・福岡国際映画祭

  • メディア・プレスの方へ
  • 日本語英語
  • 公式フェイスブック
  • 公式ツイッター
  • You Tubeチャンネル

2019年9月13日(金)~9月19日(木)

ニュース

2018.08.23

2018年の映画祭「フィリピン映画特集」ラインナップ発表!

国際交流基金アジアセンター presents

フィリピン映画特集「聖なるカオスに魅せられて」

 

上映ラインナップの追加発表です!

今回、ご紹介するのは、「フィリピン映画特集」の上映作品です。

上映作品はこちらをクリック!

『なあばす・とらんすれいしょん』Nervous Translation(2018年/フィリピン) 監督:シェリーン・セノ
※再掲

『バガヘ』The Baggage(2017年/フィリピン)監督:ジグ・ドゥライ

『影の内側』Smaller and Smaller Circles(2017年/フィリピン)監督:ラヤ・マーティン

『嘆きの河の女たち』Women of the Weeping River(2017年/フィリピン)監督:シェロン・ダヨック

『水の中のほくろ』Speck in the Water(1976年/フィリピン)監督:イシュマエル・ベルナール

 

 

フィリピン映画100年の今年は、映画祭でも「聖なるカオスに魅せられて」と題して、

国際交流基金アジアセンターと共催でフィリピン映画を特集。

今後のフィリピン映画を担う若手の傑作などを紹介します!

 

世界中で注目されているシェリーン・セノ監督の「なあばす・とらんすれいしょん」。

フィリピン社会の抱えるリアルな問題を告発する社会派作品「バガヘ」。

見事なサスペンスドラマとしてフィリピン社会の影をえぐりだす問題作「影の内側」。

少数民族間の縄張り争いをめぐる終わりなき闘争を描く「嘆きの河の女たち」。

さらに福岡市総合図書館所蔵の35ミリフィルムをデジタル修復した、イシュマエル・ベルナール監督の70年代の傑作「水の中のほくろ」まで。

 

フィリピン映画の多様性と魅力に迫るシンポジウムも開催します。

お楽しみに!

 

随時追加ラインナップ、各イベントの発表をおこなっていきますので、

ホームページを是非チェックして下さい!

 

共催
  • ASIA center
助成
  • 芸術文化振興基金
特別協賛
  • 西日本シティ銀行
  • 公益財団法人 西日本国際財団
  • 福岡地所株式会社
  • 株式会社福岡リアルティ
協賛
  • G-angle
  • LEVEL5
  • KONICA MINOLTA
  • 九州電力
  • 福岡銀行
  • 西鉄
  • 西部ガス
  • JR九州
  • タマホーム
  • 正晃株式会社
  • 明治安田生命
  • NTT西日本
  • 東京海上日動
  • 福太郎
  • TSUKUMO
  • KOREAN AIR
  • beyond2020

ページの先頭へ戻る