アジアフォーカス・福岡国際映画祭

  • メディア・プレスの方へ
  • 日本語英語
  • 公式フェイスブック
  • 公式ツイッター

2018年9月14日(金)~9月23日(日)

ニュース

2018.09.20

ディレクター懇談②『小美(シャオメイ)』ホアン・ロンシェン監督

夢の中に迷い込むような、フェイク・ドキュメンタリー

『小美(シャオメイ)』英題:Xiao Mei(台湾)

監督・脚本:ホアン・ロンシェン

 

●聴き手:梁木靖弘ディレクター

「本映画祭で一番ショッキングな作品」と梁木ディレクター。長編デビュー作となった今作が世界的に評価を受けたことに驚きを隠せないというホアン監督。細身の長身をかがめ、柔らかい物腰で語る姿が印象的です。和やかムードで始まったディレクター懇談は、次第に熱を帯びていきました。

広告業界出身で200以上のコマーシャルを演出してきたホアン監督は、昨年、本映画祭で上映した『ゴッド・スピード』のチョン・モンホン監督(撮影監督は中島長雄)に師事。チョン監督は今作と本映画祭で同じく上映したホアン・シンヤオ監督の『大仏+』の撮影・製作を担当しています。「3本ともレベルが高くて、台湾映画の傑出した才能が福岡にそろったことに感動を覚えます」との梁木ディレクターの言葉に「すべてが同時進行だったので、今作の完成に3年もかかってしまって……これは予定外でした」とホアン監督。その間何度も脚本を練り直し、新人女優のシャオメイ以外のキャストは何人も変更したそうで、結果的には時間をかけたことで納得のいく作品に仕上がったと振り返ります。

台北で行方不明になった若い女性・シャオメイ。彼女に関わった9人の人物の証言によって成り立っている今作。アパートの大家、恋人、異母兄、元雇い主、霊媒師…それぞれの視点で語ることにより、シャオメイの輪郭が次第に浮き彫りになっていきます。劇中にはシャオメイ自体はほとんど出てこず、観客は9人の証言によって彼女の人物像を想像するほかありません。実はシャオメイを回想するシーンはたくさん撮っていて、編集段階で悩み抜いた上、大部分をカットしたというホアン監督。「その決断は正解でしたね。観客側が想像力をふくらませることで、よりシャオメイの存在感が強くなると同時に、夢の中に迷い込むような不思議な感覚におちいります。証言と日常の時間がズレていく描写も面白いですね。異質なものが同時に動くことで人間の曖昧さがつきまとう」と梁木ディレクター。

梁木ディレクターの分析に「まさにその通り」と丸眼鏡の奥の瞳を光らせるホアン監督。「人の記憶は曖昧ですし、彼女のことを思い出し語っている時も自分のヘアスタイルを気にしたり、雑用をしたりと日常動作も同時に行っている。ドキュメンタリータッチで日常を描いていますが、リアルではないんです。フェイク・ドキュメンタリーと言えますね」。

今作ではシャオメイをとりまく9人の人物を通して、人間関係の距離感を描きたかったとのこと。撮影もドキュメンタリーにありがちなテクニックを駆使したものではなく、カメラを固定させ、対象を落ち着いて静かに見つめることに気を配ったと語ります。それは長年コマーシャル業界に身を置いていたことが大きく影響しているのだとか。

「初めて映画を撮ってみて、映画製作を行っている人がどれだけ偉大かが本当に実感できました」と熱を込めて語るホアン監督。20年来の師匠であるチョン・モンホン監督には「映像と映画の間には1本線がある」とずっと言われてきたとのこと。今まではその線を乗り越えればいいだけ、と思っていたそうですが、「その線がとてつもなく広く、深く、高かった」とホワン監督はため息をつきます。「かっこよく、美しい映像は撮れますが、映画づくりは全く違う。人間の本質を洞察し、一歩一歩階段を上っていくようなもの。10年前の自分だったら撮れなかった。今の自分だから撮れた作品です」と感慨深げに語ってくれました。

チョン・モンホン監督以外には日本映画にも影響を受けたというホアン監督。大島渚監督の『青春残酷物語』や今村昌平監督の『人間蒸発』が大好きで、60年代の日本映画には学ぶことが多いという監督の意見に、梁木ディレクターもおおいに賛同。「人間社会がどんどん複雑になっていく現在だから、目の前のことすべてに真剣に向き合いたい。経験を次回作にすべて注ぎたい」とホアン監督の熱い言葉で懇談は締めくくられ、「2作目、期待していますよ」と梁木ディレクターもエールを送りました。

 

共催
  • ASIA center
助成
  • 芸術文化振興基金
特別協賛
  • 西日本シティ銀行
  • 公益財団法人 西日本国際財団
  • 福岡地所株式会社
協賛
  • Film Development Council of the Philippines
  • SANDAAN
  • Good Luck 3
  • LEVEL5
  • G-angle
  • KONICA MINOLTA
  • 九州電力
  • 福岡銀行
  • 西鉄
  • 西部ガス
  • 九電工
  • JR九州
  • タマホーム
  • 正晃株式会社
  • 明治安田生命
  • 福太郎
  • TSUKUMO
  • beyond2020
特別協力
  • テレビ西日本

ページの先頭へ戻る